So-net無料ブログ作成
検索選択

8月といえば、映画「八月の鯨」・・・とあまりにベタな連想をしちゃったワタクシ。そして、ベティ・デイヴィスさん万歳! [映画]

ついに8月になりましたね~、暑い暑いと世間は騒ぎますが今年(2014年)はそれほど暑く感じません。08年、09年あたりは、もっともっと暑かった記憶が・・・ま、それは主観ですね。

8月1日なので、「8月と聞いて思い浮かべたもの」をご披露しましょう。かなりマニアックでございます。

映画「八月の鯨(くじら)」であります。どーん!

八月の鯨.jpg

この映画、今から27年前、1987年に公開されました。神保町の岩波ホールでロングラン上映になりましたっけ。

アメリカのある島にふたりで暮らす姉妹(老婆)の日常を淡々とつづった映画です。事件らしい事件が起きず、正直、私はストーリーをほとんど覚えていません。覚えていませんけど、めちゃくちゃ感動した記憶だけは脳内にしっかり刻み込まれています。

この作品の何がスゴイか、といえば、姉妹を演じる女優がリリアン・ギッシュと、ベティ・デイヴィスなんです。サイレント映画時代から活躍するリリアンさんは映画撮影時点で90歳超。一方、ベティ・デイヴィスさんは1908年生まれですから当時79歳。(現在は、お二人とも亡くなっております)

最近、往時を過ぎたアクション俳優を集めオールドファン(要するにオヤジ)受けを狙った映画が、粗製濫造されていますね。「八月の鯨」はそんな懐古趣味とは一線を画しています。映画史を作った偉大な女優を共演させただけでなく、きっちりと「演じさせている」ところが秀逸なんですね。

とくにベティ・デイヴィスさん。(この名前を聞いてブルッと震えた方、友だちになりましょう!)。ここからはワタクシの映画マニア魂が炸裂しちゃいますがご容赦を。

ベティ・デイヴィスさんといえば1930~1940年代のハリウッドを代表する美人女優です。この美しさ!そのうえアカデミー主演女優賞を受賞2回、ノミネート連続5回という演技派でもあります。ブルブル。。。

八月の鯨2.jpg

しかしベティさんの本当のすさまじさは、彼女が老境にさしかかってから発揮されます。ブローウエイ女優たちの醜い争いを描いた人間ドラマ「イヴの総て」(1950年)で、大女優マーゴ役を強烈に演じました。私、この映画が好きでDVDも買っちゃいましたもんねえ。

1962年、サスペンス映画(ホラー映画とも言えますが)「何がジェーンに起こったか」で、姉をいびり倒す醜悪な老女を怪演するのであります。かつての美人女優の看板などブッ飛ばして、化け物メイクに髪はボサボサ、気持ち悪くなるほど真に迫った変質者的な狂気演技に「女優魂」を見るのであります。キャリアを失うリスクもいとわず、ここまでするか、のド根性はさすがだぜ!

八月の鯨3.jpg

シャリーズ・セロンさんが体重20kg増やして醜悪メイクでアカデミー賞を獲ったり、ロバート・デ・ニーロさんが極端に痩せたり太ったり(CGではなく実際に)、イザベル・アジャーニさんが精神錯乱したり、を見て、「スゲエなあ」と思うかもしれませんが、ハッキリ言って、ベティさんの「切れ芸」に比べるとかすんで見える、と申せましょう。

ちなみに、メグ・ライアンさんも「イン・ザ・カット」でここまで徹底的にやっていれば・・・痛恨です。現役女優で「ベティさんの境地」へ到達できそうな方といえば、ウィノナ・ライダーさん、クリスチーナ・リッチさん。若くして際どい芝居のエレン・ペイジさん(←大期待!)。今は飛ぶ鳥落とす勢いゆえ到底ありえないですが、エイミー・ワトソンさんは絶対に「彼岸」まで辿りつくでしょう・・・って、なんの話だ。

話が拡散しちゃいましたね、「八月の鯨」にハナシを戻しましょう。いや、ホントにいい映画でしたよ・・・と、27年前に観た昔バナシで終わるかと思いきや、なんと昨年。岩波ホールで、本作はリバイバル上映されてたんです。ノーマークでした。知っていたからと言って、観に行ったとも思えないけど・・・。

ハナシは連想ゲーム的につながりますが、10年ほど前、「ラヴェンダーの咲く庭で」というイギリス映画がありました。「八月の鯨」と同じように辺鄙な海辺の村に住む二人の姉妹(老女)が主人公。ただしストーリーは淡々・・・ではなく、ある日、気を失った美形男子が浜に流れ着く、のをきっかけに様々なドラマが生まれます。老女を演じるのは、大女優のマギー・スミスさんとジュディ・ディンチさん(といっても、ハリー・ポッターに魔法を使わせたり、ジェームス・ボンドを送り込んだりはしません)。大御所ふたりの演技合戦っぽいシーンには少々興ざめですし、「八月の鯨」のイメージがあると評価きつくなりますが、とはいえ、「ラヴェンダーの咲く庭で」も素晴らしい映画。とくにクラシック音楽好きの方なら、ラストシーンには涙することでしょう!ちゃんちゃん。

ラヴェンダー.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。