So-net無料ブログ作成

映画 「007 スペクター」。ボンドのカッコ良さと、素晴らしい映画のできばえに大喝采。ですが・・・ [映画]

昨年(2015年)12月公開の映画「007 スペクター」。観そびれていたら、そろそろ上映終了になりそうなので、会社帰り、日本橋にある室町コレドTOHOシネマズへ寄って拝見したのであります。

spectre03.jpg

ダニエル・クレイグさんがイギリス諜報部員ジェームス・ボンドを演じるのは、今回で4作目。早いもので、1作目から9年も経つんですね。

で映画の感想ですが、何を置いても、ダニエルさんがカッコイイ。クールでワイルドな(でも優しい)ボンドは、男が惚れる男でございます。作品を重ねるごとボンドにバッチリはまり、もはやダニエルさんしか適任者はいない!と思わせます。ロジャー・ムーアさんやピアーズ・ブロズナンさんは、にやけすぎ。いったいあのボンドは何だったんだ!ショーン・コネリーさんはレジェンドだから別格として、ジョージ・レイセンビーの立場はどうなるのだ!(←すいません、マニアックすぎましたね)

spectre04.jpg

新作「スペクター」に話を戻します。映画全体が安っぽくないのが良いです。骨格(ストーリー)がしっかりあって、展開がスピーディ。勢いに流されずに、敵味方とも人物はキッチリ描かれている。いまどきスパイアクションでもねえよ、時代遅れだろう、というツッコミさえ、逆手にとり、うまくまとめてますね。(ただ、本作も含め、最近のスパイ映画たとえば「ミッション・インポシブル」シリーズにしても「キングスメン」にしても、その点を意識し過ぎの気もするが・・・)

さて、ボンド映画でひじょーに重要なのが、悪役、と、ボンドガール、でございます。

本作の悪役は、うわ、なんとクリストフ・ヴァルツさんではないか。この名優の演技は、どの作品でも、震えがくるほど素晴らしい・・・いや、言い過ぎでしたね、「グリーン・ホーネット」を除いては、と言いなおしましょう。

spectre02.jpg

「イングロリアス・バスターズ」といい「ジャンゴ、繋がれざる者」といい、見た目、気の良いおじさん風でいながら、次の瞬間、何をしでかすか分からぬ凄まじい怖さが体じゅうから発散されてます。ダイアン・クルーガーを絞め殺したり、ディカプリオを撃ち殺したりと、この人(が演じる人物)は、何でもアリの大荒れ状態なんであります。本作でも、うはあ怖かった~。

・・・すいません。どうも話が脱線してますね、ま、映画好き男の無駄話、と思ってお許しを。

こんなにスゴイ悪役を配したからには、ボンド・ガール、はどうなのよ、といえば。

レア・セドゥさんという若手は、絶世の美女ではなく、さりとて、個性バリバリでもなく、どうも、そこらのおねえちゃん、という感じ。こうゆうタイプが欧米ではモテるんでしょうかね。浜美枝さんのほうが全然良いゾ!(いったい、何十年前のハナシだ)。もちろん劇中では、ボンドさんの「落としテク」に陥落し、敵陣へ飛び込む直前のシビレル状況でありながらキッチリとベットインであります。ボンドさんのストライクゾーンの広さには、毎度、感激です。

そうそう、もう1名のボンド・ガール(?)として名を連ねるのが、かつて一世を風靡した超エロ・フェロモン女優モニカ・ベルッチさんであります。おいおい、モニカさんに「ガール」は無えだろう、とチャチャを入れてはいけません。(ボンド・おばさん、というのも変だもん)。特別出演レベルのちょい顔出し登場ですけど、そんな短時間でもボンドさんとしっかり合体。なにせボンド・ガールですから!ほら、若手から年増まで相手選ばずの驚異のストライクゾーン、ボンドさんは心底スケベエなんだなあ。

spectre06.jpg

十分に満足した本作ですが、当ブログの性質上、いくつかツッコミはせねばなりません。

明らかに敵が待ち構えている施設に、ボンドさんは、なぜ拳銃一丁という軽装で乗り込むのでしょう?文字通りの自殺行為ですわね。予想される理由は「知りたい真実のため(つうか映画を進行させる都合で)、あえて、敵の術中に飛び込む。虎穴に入らずんば虎児を得ず、だ!」・・・といったところでしょうが、

そうだとしても、ただのバカ。あるいは、ドM、としか思えぬ行動ですね。

ま、正義役がこの調子だからでしょうか、悪役も負けじと、肝心な詰めが甘いのです。ボンドなど、さっさと撃ち殺しておけば良いものを、優位に立った余裕からノーガキくっちゃべっている間に、ボンドは持参スパイ・グッズで窮地を脱して、あまつさえ、悪党組織の中枢設備を破壊しちゃうという、お約束の流れ。

まさに、どっちもどっち、と申せませしょう。両者にレッドカードを出したいです。

こうなると、たかが、9mm弾しか発射できないハンドガン(ワルサー)で、ヘリを打ち落とすつう離れ業も、ボンドさんなら可能かも・・・と思えるわけで、そんな点も含めて「007 スペクター」はスゴイ作品、と思った次第です。

あれれ、誉めたのか貶したのか、分からん記事になりました。いや、私はこうゆう映画大好きですよ。ちゃんちゃん。

spectre01.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0