So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道~青森の長期出張のシメに、薬研(やくげ)温泉を堪能したハナシ。 [旅]

今年(2016年)の7月は、ほとんどの期間、北海道~青森の現場を行き来していました。

数えてみると7月だけでホテルに17泊(!)してました。そのうち、後半の青森県むつ市は10連泊。最近のワタクシにとっては、かなり長めの現場出張でした。

17日間、休み無しのぶっ通し仕事は、20代の頃ならいざ知らず、50代半ばにもなると、さすがに厳しい。後半は、疲れはてグダグダ。宿泊先のホテルで、衣類を洗濯しているときが一番リラックスして・・・。

さて一連の現場シゴトが完了して、青森県から撤収する前日のこと。

現場からホテルへと帰る途中、ちょっとだけ遠回りして渋ーい温泉地へ寄ったのであります。

下北半島にある薬研温泉(やくげおんせん)であります。

不勉強でこうゆう温泉地があることを知りませんでした。道路はしっかり整備されてますので、車でなんの問題もなく行きつけます。ただ、それなり山中ゆえ、チョットしたドキドキ感はありました。道路脇から下を眺めると、木立ちの間に見えかくれする清流。いい感じだなあ~。

yaku08.jpg

目指した施設「かっぱの湯」は、宿が並ぶエリアから、さらに山へ分け入った「奥薬研(おくやくげ)」にありました。ちゃんと看板が出ています。

yaku02.jpg

食事のできるレストハウスがあって、その裏手に「かっぱの湯」があるんですね。

yaku01.jpg

温泉は、脱衣場と石造りの露天湯のみ。シャワーや洗い場はなく、石鹸・シャンプーは使用禁止。露天温泉に入る、ただそれだけですが、湯船に浸かり、近くを流れる川のせせらぎや鳥の声を楽しむ。なんというユッタリとした時間!豪華ホテルの風呂より、よっぽど贅沢な気分に浸れます。

yaku03.jpg

湯船でカメラは使えませんので、下北観光サイトより写真を拝借(以下)。お風呂は広々としており清潔です。ちなみに入浴料金は、たったの230円。安っ!

yaku09.jpg

露天風呂からあがってレストハウスへと入り、なんとな~く海鮮塩ラーメンを食べたワタクシ。

帰路につこうと車に戻る途中で、あちゃあ、と気付いたのですが、駐車場の脇には足湯があるのでした。先に露天風呂に入ったのは順序が逆でしたね。

yaku04.jpg

いや、この足湯が良い。広々として湯量豊富。深さも十分。観光温泉地の街中にしつらえた、とってつけた足湯と違いますなあ。

yaku05.jpg

放心状態を演出するワタクシ。セルフタイマーでパチリです。

yaku06.jpg

青森の山の中は、空気がひんやりして、夏の野天湯でも、のぼせることなく温泉を満喫できました。

今回、青森県出張中にお世話になったレンタカー、トヨタのヴィッツ。トータル走行距離は800kmでございました、はい。

yaku07.jpg

北海道~青森の出張旅を温泉で締めくくり、さて東京へ戻り、うだる暑さの中で働くこととしましょう。うはあ、考えただけでゲンナリするなあ。ま、仕方ないか。チャオー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0