So-net無料ブログ作成
検索選択

満島ひかりさん主演の「人間椅子」。2017年正月にツボにはまったテレビ番組はこれ! [雑感]

昨年大晦日、出張先(宮城県)から関東に戻り、2017年の年明けは千葉県の自宅で迎えることができました。めでたし。

正月は、午前中を近所での散歩、午後にゆっくり日本酒を呑むぞお・・・と気合を入れた矢先、天罰てきめん。元旦午後から発熱と激しい腹痛で寝込んだのでした。結局、貴重な年初め3日間、病に臥せったのであります。嗚呼、涙。

1月2日。多少、体調が良くなったので、映画「リング」の貞子がテレビ画面から出る体で、寝室布団からはい出し、そのまま這いながら居間へ移動。ソファーで毛布スマキ状態になって、観るともなくテレビを眺めておりました。

うーん、つまらん・・・。

絶望的につまらん。毎年のことながら正月バラエティ番組(特にお笑い)のバカ騒ぎにゲンナリです。どの局も似たような番組を作るわなあ、とマイナス感動。ま、この浮かれポンチ感が正月だと言われれば、それまでですが。箱根駅伝にも全く興味ないしなあ。

そこで昨年末(12月28日~31日)に録画した番組のチェックを始めました。よかったあ!まずツボにはまったのがこの番組。

「ラーメン大好き小泉さん」。12月29日に年末スペシャルが放映。

小泉さん.jpg

ラーメンに人生をささげる美人女子高生、小泉さんが名店ラーメンを食べ歩きながら、ラーメン愛とうんちくを披露し、同級生と友情ドラマを展開する・・・つう無茶苦茶なコンセプトだけど、主演の早見あかりさんの浮世離れっぷりがスパイスになって実にヨロシイのです。

店でラーメンを食べることはめったにない、腹痛のワタクシをして「ラーメン食いたいぜ」と思わせる小泉さん、というか、早見あかりさん、恐れ入りましたあー。

さて次が本命。NHK-BSで年末3日間に亘り放映された「シリーズ 江戸川乱歩短編集Ⅱ」の3作品。1本あたり30分。「パートⅠ」と同様、満島ひかりさんが名探偵、明智小五郎を演じるぶっとびキャスティングが継続です。満島さんの独特な演技スタイルは今回も素晴らしい(好みは分かれそうだが)。しかしワタクシが食いついたのは明智小五郎が登場しないこの作品でした。

変態性欲ここに極まれり、の奇作「人間椅子」であります。

ningen02.jpg

江戸川乱歩が1925年に発表した「人間椅子」。醜い風貌を持つ貧しい家具職人が、自分のつくった大きな革張り椅子の内部をくりぬき、こっそりと中へ入り込み、椅子に座る人々を背後から抱きしめるようにして体の重みや、ぬくもりをわが身に感じ性的快感を得る・・・考えただけでゾワーーッとする気色悪いストーリーです(乱歩先生、よくこんな発想ができたなあ)。

NHK-BSは原作をほぼ忠実にドラマ化しました。素晴らしいのは、やはりというべきでしょう、椅子に隠れた変態男に愛される美貌の女流作家、佳子を演じる満島ひかりさんですね。変態から愛される姿が似合うのは、さすが「愛のむきだし」で場数を踏んだ満島さんだ・・・って、マニアックなネタですいません。

変態椅子男から届いた告白文、要旨は「私はずっとあなたの書斎で、あなたの座っていた椅子の中に潜んでいた」を読んだ佳子の、ぞおおーーっ、と悪寒の走る様、このドラマはほぼその絵面で進行するわけです。

ningen04.jpg

変態男の欲望表現は、「タモリ倶楽部」のオープニング(テーマ曲が流れる箇所)のような人物の尻のうごめき、背中のうごめきでなされます。黒背景に「そこ」だけ浮かび上がってエログロ感がナイスです。この演出家もかなりの変態だな・・・ふふふ。

ningen03.jpg

と、一応、オカズ部分も褒めましたが、やっぱり満島ひかりさんのエキセントリックな演技に話は戻ります。手紙の内容のあまりの気味悪さに震えあがり、一度は放り投げた手紙を、じりじりと這いながら拾いに行くこの芝居。薄い寝着から透ける満島さんの生足に、こちらも変態椅子野郎の気持ちにシンクロし、ドキッ、ザワッ、としちゃいます。

ningen07.jpg

NHK-BSの制作の方には申し訳ないけど、今回の短編3作品に関していえば、満島さんが明智小五郎を演じた2作品より変態被害者の佳子を演じた「人間椅子」のほうが圧倒的に良かった・・・と個人的に思う。

ningen05.jpg

次回、「パートⅢ」を製作されるときは「陰獣」「芋虫」「踊る一寸法師」のラインナップでお願いいたします。

もちろん、満島ひかりさんの出演は必須、ということで。(「芋虫」はヤバそう、絶対に出来ないな)

ところで。

皆さま、「人間椅子」といえば20年くらい前でしょうか、イカ天に登場したロックバンド「人間椅子」を覚えていますか。現在も「人間椅子」は現役活躍中です。独特の世界観ゆえイロモノとして覚えている方が多いでしょうけど、ハードロック・スリーピースバンドとしてのテクニックは秀逸です。以下のライブ映像の3分経過したあたりからチェックしてみてください。ちなみに曲のタイトルは「なまはげ」です。

最後にこれまた動画です。「人間椅子」の変態世界を、いまどきアニメ(というのかな)に変換したような物件を見つけたので紹介します。女性が女性を・・・これもちょっと怖いね。意表を突かれました。ではでは。