So-net無料ブログ作成

我が家の飼い猫、もこ、はGWも絶好調に甘えん坊。そして爆睡! [家の猫]

2017年のゴールデンウィーク。今日(5月2日)は9連休の4日目にあたります。

ふだんは出張不在が当たり前のワタクシが、数日間とはいえ連続して自宅でボーッとしていると、家の者は調子が狂うようです。早朝4時起きのワタクシと、朝8時起床の家の者とでは朝・昼・晩の食事タイミングもかみ合わず、結果、自分の食べる食事は、自分で作る自炊状態。でも、ワタクシ、こうゆうの大好き。だって気楽ですもん。無理に人のペースに合わせる必要なんてありません。

さてワタクシが自宅にいることで、一番喜んでいるのは、なんたって飼い猫の「もこ」であります。

甘えた声で「にゃあ~にゃあ~」と鳴かれると、ワタクシ、そのときやっている事を放置してでも、もこをなでてしまいます。敵(もこ)もその弱点を知っているから何度も「なで要求」を繰り出します。まさに泥沼状態(←この表現は妙ですけど)。

さて居間のソファーに座って、録画しておいた「ワカコ酒 シーズン3」を再生しワカコちゃんの「ぷしゅー」を堪能していたワタクシ。いつのまにか、私の脇で、もこがリラックスモードに入っています。ううむ、嫌な予感がする。

mokotaro02.jpg
やっぱりだ。「撫でてくれないなら寝ないよ~ん」とばかりの甘え声連発に、毅然と対応できないワタクシは、求められるがままに、もこの体をなでなでして・・・。

mokotaro01.jpg
5分ほど撫で続けると、ふがーあー、ふがーあー、と、いびきをかきながら眠りに落ちるもこ。なんたる自己中心派なのだ。

mokotaro03.jpg
しかし安心はできません。たまに目をあけて、じ~っと私をみつめるもこ。うわ、まだ撫でてほしいのかあ!?

mokotaro04.jpg
さすがに、これ以上の対応はご勘弁いただきます。ワタクシは、今度は「孤独のグルメ シーズン6」を再生し、松重豊さんの食べっぷりに集中します。

気がつくと、あれえ、もこがいない。テーブルの下から床をながめると、いましたね。やつの大好きなペット用ホットカーペットに移動し、猫らしく丸まってます。爆睡のご様子なので当面は大丈夫でしょう。

mokotaro05.jpg
・・・と、思いきやワタクシの視線に気づいたもこは、その場で、ころりんとひっくり返ります。これは、「なでてよぉ~」の追加要求であります。まったくもう!と怒るふりをしつつ飼い猫にめっぽう甘いワタクシ。

mokotaro06.jpg
おなかをさすってあげると、もこは「くぅぅ~」と至福の声で応えるのでした。うーん、可愛いなあ。。。

以上、16歳超の、おばあちゃん猫に翻弄されてるGW中のワタクシの生きざまでした。ちゃんちゃん。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感