So-net無料ブログ作成
検索選択

自宅の庭の木に、メジロが巣をつくって子育て中であります(第1報) [日常]

首都圏にしては田舎テイストあふれる自宅周辺。ここ数年間で、我が家の敷地内を気に入った生き物は、ネコ(←いまは家族となった「もこ」です)、スズメバチ(←巣を作っていたなあ)、シマヘビ(←郵便受けの中がお気に入りだった)、カマキリ(←もう住人みたいなものです)と、さまざまです。

今回。嬉しい新顔さんがやってきました。

メジロ、という鳥です。庭の木に巣をつくって現在、子育て中なのです。下写真の矢印の先に、生まれたばかりのメジロの雛がいます。二羽か三羽のようです。

mejiro01.jpg
正直、巣の存在に全く気づかなかったワタクシ。2階の自室の窓を開けると、目と鼻の先にあるのに、伸びた枝の剪定に来てくれた業者さんに指摘されるまで、全然、分からなかった。ま、簡単に見つかる巣じゃあ、敵に見つかってしまうもんな。

ところで、親鳥はどうなったのか?枝の剪定に驚いて逃げ、戻ってみると木の枝ぶりが変わったので、警戒して子育てを放棄したのでは?と、ひじょうに心配であります。

うーん、気になる。大丈夫かなあ。親鳥さん、早く戻って来てよぉーー、というワタクシの心の声が伝わったのか、今朝、ベランダから身を乗り出してチェックしてみると・・・。やったぜ、矢印の先にいましたね!

mejiro02.jpg
お母さんかお父さんかは分かりませんが、親鳥が雛を守るように、巣のうえに陣取っております。

mejiro03.jpg
メジロです。名前のとおり目の周りが白い。小さい鳥だなあ。可愛いなあ。

やがて親鳥は活動を開始します。そう、雛にエサを与えなくてはいけない。写真では見づらいですが、親鳥の視線の先に細い首の雛が、頭を揺らしてエサをねだっています。

mejiro05.jpg
親鳥は、驚くほどのスピードで、さっと巣から飛び出すと、やがてエサをくわえて戻ってきます。口移しで雛にエサをあたえる様子は、自分の子が可愛くてしかたない!という親の愛情にあふれていて、ジーンとしてしまう。

mejiro04.jpg
メジロの雛たちが無事に育って巣立ちできますように!と祈りつつ、第一報はこれでお終い。今後の経過は、またブロブにアップしますね。それにしてもメジロって可愛いなあ~可愛いなあ~。と、すっかりメロメロ状態になっているワタクシであります。ちゃんちゃん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

葛飾区柴又の病院で、脳のMRI検査を受けた話 (絵日記風) [日常]

3週間ほど前から、頭の左半分に、うずうずと違和感を感じるようになりました。この程度は世間で当たり前レベルかもしれません。しかし、これまでの人生55年間、頭痛経験が皆無のワタクシ、大事を取って、とりあえず病院で診察をしてもらおうと思った次第。

職場のビル(京橋)にもクリニックは入ってますけど、家の近くの病院がいいわ、と、ネットでチェック。葛飾区の新柴又に専門病院を発見したので、そちらで脳のMRI検査(磁気共鳴画像診断)を受けたのです。この検査、被検者(私)が丸い筒の中に入り、磁気をつかって脳内部を撮影するつうスリリングなイベントでした。(音はウルサイけど、意外に楽しいもんでした)。

・・・と文章をダラダラ並べるのもナンなので、夏休み企画じゃないけど、今回は「絵日記風」にMRI検査の顛末を書きますね。

0MRI001.jpg
ここまでが前段、次からが実際の検査と、診断結果です。

0MRI002.jpg
ということで、MRI検査の結果を見る限り、脳の異常(収縮、損害)、血管の異常(血瘤、破損)はありませんでした。ふーーっ、と安心し、とりあえずはメデタシでございます。うずうず違和感の原因は分かりませんけど、酒を控え、しっかり眠れば治るんでしょう、きっと。・・・こんなイイカゲンで良いのか!と自分にツッコミつつ、今日はこれでお終いっ。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

馬刺しで日本酒。自宅であっても、酒場であっても美味いものは美味いんだーー。 [日常]

今年(2017年)は例年になく、7月8月と忙しかったワタクシです。数か月前に安請け合いした複数の仕事、その日限がまとめて迫ってきて、日々ドロナワでこなす、自業自得ここに極まれりの体たらく。

とはいえ歌にあるように「世の中に、明けない夜はない」のでして、青息吐息でなんとか苦境を脱したワタクシは、高橋真梨子さんのいう桃色吐息へとシフトしたのであって(←自分でも何を言っているのか分からんけど)、要するに、バタバタが一段落したから、さあて酒を呑むぞ、つう単純明快なオチであります。

さて、日本酒にバッチリ合う料理と、最近のワタクシがぞっこんな「馬刺し」についてです。南九州の名物ですが、近頃は関東にも良い品が流通し、ワタクシは大興奮なんであります。

久しぶりの某休日。自宅近所のマーケットで美味そうな馬刺しを発見し、枝豆、さつま揚げなど定番品もからめ、どーんと購入です。馬刺しに不可欠な薬味=にんにく、しょうが、ネギも当然準備し、午後1時から家呑みスタートであります。酒は、仙台在住Yさんからいただいた、宮城県栗原市、金の井酒造さんの名酒「院殿」。役者が揃った、テーブルを見てくださいな!

馬刺し01.jpg
いかにもブログにアップしよう、つうスケベ根性が写真からにじみ出しておりますナ。だが飲み食い始めちゃうと写真どころではなく、嗚呼、ただただエクスタシー。ぷしゅーーぅ。

あっという間に4合瓶が空になり、次の日本酒はこれ。同じく仙台のYさんからいただいた青森県黒石市の鳴海醸造店さん「稲村屋 純米吟醸」でございます。うほお、これも旨いわっ!

馬刺し02.jpg
自宅一人呑み。なんという幸福感、リラックス感だろう。睡魔が襲ってきたら誰に遠慮をする必要もなく、即座に2階へ移動して寝られるんですから。これはたまらんぜ。

・・・と書きつつ、突然話が変わって、その前後に出張した山口県下関でのこと。海鮮料理がお勧めの「宝仙」さんへ伺った件を書かねばなりません。

馬刺し03.jpg
だってえ、こちらのお店の馬刺しが美味いんだもん。厚みがあって、しっとりしていて。。。海鮮系を推すお店で、のっけから肉を注文するオレも豪胆ではあるが・・・。

馬刺し04.jpg
要するに、会場が自宅であろうと、外(酒場)であろうと、馬刺し+日本酒の組合せで大満足だぜ・・・と、これが本日の結論であります。強引にまとめたところで、さきほど呑んだ酒で頭がクラクラするので今日はこれでお終いっ。チャオー――。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

千葉県 北松戸を散歩。松戸競輪場で、アイドル顔負けの可愛い女子選手のポスターに「うむむ」と唸った日。 [日常]

先週の休日、梅雨の合間の曇り空のなか早朝散歩へ出かけました。

今回の散歩エリアは千葉県の「北松戸」です。そこへ行く必然は何も無いのですが、なんとな~く地名が頭に浮かんだ次第。愛車ダイハツ・ムーヴを自宅(市川市)から20分ほど走らせ、北松戸の駐車場(1時間100円)に車をとめて散歩の始まりです。

さて、自由意志で行っておきながら言うのもナンですが、この地、少なくとも「散歩向き」ではなかったね。幹線道路に面して工場と住宅が並ぶ景色は、経済活動優先といいますか業務テイストが漂っております。一言でいえば、味気ないということですね。(地元の方、ごめんなさい)

kaoyori02.jpg
とはいえ散歩大好きのワタクシ。めげることなく、北松戸~馬橋あたりを1時間半ほど散策しました。うわ、唐突に巨大な石造りの建物が・・・。ここだけまるでヨーロッパ。違和感がスゴいですなあ。

kaoyori03.jpg
と歩みを進めると、北松戸といえばコレ!という施設に到着であります。

そう、泣く子も黙る(?)、競輪場、です。松戸競輪の開催地。どーん。

kaoyori04.jpg
近くの橋の欄干にしつらえたレリーフにさえ、自転車が彫り込まれております。さすがだ。

kaoyori05.jpg
競輪への興味はゼロで、競技場に近づいたことすらなかったワタクシですが、せっかく来たのでゲート手前まで行ってみました。あたりをキョロキョロすると、おや、こんなポスターが掲げられているのであります。

kaoyori08.jpg
競輪といえば「選手がしのぎを削る激しい競技」というイメージがありますが、それを覆す可愛いおねえさんがふたり。ママチャリに乗っておられます。他バージョンのポスターも同じ女性2名のホンワカ・テイストである。キャッチコピーがなんともヨロシイ。

顔より太もも。ああ、やっぱりスポーツだね、フィジカル感&ちょいエロ感が漂う名文ではないか。

kaoyori07.jpg
やるなあ、日本競輪協会・・・かは知らんけど。。。問題はポスターの、笑顔がキュートなおねえさんであります(問題という表現も変か)。帰宅後の調べによれば、この方、アイドルグループとかのヒトではなく、れっきとしたガールズケイリン(女子競輪)の選手なんですね。

お名前は、小川美咲さん、というらしい。恐れ入りました。「天は二物を与えず」つう諺はもはや死語です。なんというチャーミングなおねえさんだあ!以下写真はネットより拝借しました、はい。

kaoyori01.jpg
かわいい・・・というわけで、競輪無知のオジサン(私のこと)は、今後、小川美咲さん目当てにガールズケイリンに通っちゃおうかなぁ~とコッソリ画策するのである。まさしく、敵の術中にはまったと言えましょう。

ところで、皆さんはご存知でしょうか。ケイリンは全国じゅうの競輪場で、のべつまくなしに開催されているのです。ベテランのケイリン好きの方は、好みの選手の追っかけとかしているんでしょうかねえ。。。

kaoyori09.jpg
ま、松戸の競輪場に関するワタクシの一番の興味は、近くにある中華料理屋さんの醤油ラーメンですな。450円也。めちゃ旨そうだわ~と心惹かれるのであります。

kaoyori10.jpg
最後のまとめはラーメンかよ、と自分にツッコミ入れて今日はお終いっ!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東京都葛飾区 水元公園の「葛飾 菖蒲(しょうぶ)まつり」の地味ながらステキな味わい。 [日常]

最近の当ブログ、出張先である稚内ネタが多かったので、久しぶりにご近所を取り上げます。

自宅のある千葉県市川市から、江戸川をはさんだお隣が東京都葛飾区。そこには、「水元(みずもと)公園」という広大な緑地がどーんと広がっているのです。広い池が魅力。田舎にはフツーにあるシンプルな景色。そこが良いんだなあ~。

hana00.jpg
6月の某休日。公園内を散歩していると、こんな看板に遭遇です。

hana02.jpg
お、全国陶器市か、八丈島物産展か・・・じゃなく私が食いついたのは「2017水元公園 葛飾菖蒲まつり」であります。

菖蒲、ムズカシイ漢字だ。読みは「しょうぶ」ですね。桜やバラと違って地味な存在。ここ水元公園には花菖蒲園(はなしょうぶえん)があるんですな。

hana01.jpg
一面に薄い紫色の花が咲いています。和テイストつうか風情があります。そういえば、「しょうぶ」に似た「あやめ」という植物があったっけ。何が違うんだろ。「勝負のアヤ」つう言葉をつい連想しちゃった。

hana04.jpg
花には、薄い紫色のほか青、白、赤紫、など数種類があるんですね。美しい景色です。いいなあ。

hana03.jpg
遠くから眺めるだけでは満足できない理系のワタクシ。観察意欲から、池へと身を乗り出し花のアップ写真を撮影します。花弁が三枚タイプ、上下がよく分かりません。三角形(△)が正解か、はたまた逆三角形(▽)が正解か?

hana05.jpg
じっと見るほどに、不思議な造形です。色もビミョーで良い。白ストライプがいいアクセントだ。

hana07.jpg
おやあ?さきほどの菖蒲とは、花弁枚数が違う。こちらは、複雑なお顔をしてらっしゃる。

hana06.jpg
ワタクシ、デジカメ片手に園内をさらにチェックする、にわか菖蒲好きの体です。「しょうぶずき」といっても「勝負好き」ではない。なんのこっちゃ。

さて公園内には立派なステージまで設営されておりました。菖蒲まつり、侮れませんなあ~。

hana08.jpg
「葛飾菖蒲まつり」今年で36回目かあ。伝統ある・・・とまでは言えないが、それなりの年数、続いているのですな。以上、雑なまとめですが今日はこれでお終いっ。以上!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

群馬の現場界隈にて。危険動物の注意看板のリアル感がたまりません。 [日常]

1か月ほどシゴトで現場へ通っておりました。群馬県の前橋です。前橋といっても市街ではなく山の中。すぐ近くに立っていた注意看板をみて、ワタクシ、おお、と唸りました。これです。

mamushi01.jpg
毒蛇まむしへの注意喚起です。「血清」という医学用語で、いっきにリアル感が高まってます。嚙まれてから何時間以内に血清を打たないと死ぬのか?赤十字病院からの距離と時間は?など、サバイバル的な疑問がわいてきますなあ。まあ、まむしに嚙まれてから考えようっと。

ところで「嚙む」(かむ)という漢字(と連想ゲーム的に話が変わる)。何種類かありますけど、どれもガジガジと固いモノが交錯する雰囲気があります。見ただけで、イテテ、となりませんか・・・と、どうでもいいハナシですいません。

mamushi02.jpg
さて、群馬の仕事現場でのワタクシの立場は、工事全体をとりまとめる、いわば「所長」であります。所長といえば偉いヒトと思うかもしれませんが、ワタクシの場合は基本、偉いことは何もせず、群馬の風に吹かれつつ工事の進行を眺め、ふううう~と意味不明なため声を出すわけです。という、情けない実態は置いといて、ブログ的には、りりしい姿を見せねばなるまい、と、昼休みに現場界隈でパチリ。私が握っている黄色い棒が何か?を分かる方は、プラント電機設備のプロだと言えましょう。

mamushi03.jpg
昼休みの作業所にて。誰でも知ってる掃除道具を持ってパチリ。掃除は業務の基本です!

mamushi04.jpg
うーん、結局、よく分からん記事になりました。今日はこれでお終いっ。それでは本日も、

ご安全に!!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご近所散歩で、ネコざんまい。5月の快晴が気持ち良し! [日常]

1年間12か月のうち、関東の最高月は、5月(今月)ではないでしょうか。朝晩は涼しく湿気が少なく、晴天日は散歩にうってつけです。このままの気候が、ずーっと続けばよいのに。悲しいかな、目前には、ジトジト梅雨時期が迫っており、梅雨が明ければ、次は灼熱の夏・・・嗚呼、想像したくもない。

ま、自分の裁量でコントロールできない将来を考えるのは愚行です。今を満喫すべく、ご近所散歩に出かけましょう。目的は、猫たちとの遭遇、であります。

まずは千葉県市川市が世界に誇る(?)里見公園。自宅から徒歩15分で到着です。

as01.jpg
自慢のバラは見どころのピークに達してませんが、パンジーが咲き誇る広場には、ほーら、いましたよ、ネコちゃんが。ポテポテと歩いてペタンと座り込む。この、ゆったり感がたまりません。

as03.jpg
江戸川河川敷へと向かいます。途中、高台の木々の間から見える東京スカイツリー。

as02.jpg
歩くこと10分。江戸川の支川から取水場へつながるエリアは、高確率でネコに会えるワタクシのお気に入りスポットです。

as04.jpg
ふふ、思ったどおり。わかりますか、黄色い矢印の先。くつろぐ2匹のネコ。

as06.jpg
持参のデジカメは最大65倍ズーム機能がありますから、それを有効活用し、ぐぐーっとネコをアップに。

as05.jpg
やはりワタクシのことをじーっと見ておりましたね。呑気なようでも警戒心が強いのが、野良ネコであります。負けじと私もじーっと相手(ネコ)を見返しますと、うひゃあ、突然、ネコがコロリンとひっくり返りました。にらめっこに気まずくなったか、あるいは、ワタクシへの愛情表現か・・・。

as07.jpg
満足したワタクシは、さらに歩みをすすめます。と、20メートルも進まないうちに新たなネコと遭遇です。この2匹、すれ違いざま、チョットした威嚇行為をして、1匹はすごすごその場を立ち去りました。お互い知己のようですが、仲が良いのか悪いのか。まあ、人間どうしも、こうゆう微妙なバランスってあるわな(ネコを擬人化しすぎかな)。

as08.jpg
残った1匹は「われこそ、勝利者である!」といわんばかりの荘厳な(?)たたずまいで、なかなかカッコよい。

as09.jpg
今日は予想していた以上に、いろいろなネコに出会えてよかったな、と足取り軽く自宅へ帰りますと、居間には我が家の飼い猫(おばあちゃん猫)の、もこが、ホットカーペットの上で、うとうとしていました。この暖かい気候に、いまだにホットカーペットとは・・・。もちろん、警戒心ゼロのご様子はいつものこと。

うーん、世界一、呑気でまったりなネコは、我が家のもこ、って結論ですね。ちゃんちゃん。

as10.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜の花は散ったけど、ご近所のシスレー的風景に嬉しくなったハナシ。 [日常]

2017年4月16日。首都圏に春の到来を告げた桜の花たちは、短い命を終え、どんどんと散っております。

ワタクシの自宅(千葉県市川市)近くの里見公園。桜の巨木の下には、ピンク色の花びらが絨毯のように広がっております。咲く花もいいが、これはこれで美しい、と思います。

sisu03.jpg

♪ 花びらが散ったあとの、桜がとても~冷たくされるように~♪、・・・と70年代フォークソング(死語?)の名曲「ささやかなこの人生」(by 風)の一節を口ずさむワタクシ。いやいや、花が散ったからって冷たくするような、そんな無礼はいたしませんよ。いずれにしても、桜の歌、の連想で、森山直太朗さんの曲ではなく、伊勢正三さんの曲つうところが、ワタクシの年寄りっぷりが出ております。はあ・・・。

ローカルご近所ネタの続きです。里見公園から江戸川の河川敷へと向かういつもの散歩ルートでの風景です。

お目当てのネコには逢えませんでしたが、春の景色がなんとも素晴らしい。どこにでもある田舎風景だけど、こうゆうのが大好き。世界遺産に登録されるような絶景よりも、こんな「普通」を愛するワタクシです。

sisu02.jpg

そうそう、4月になって地方から首都圏へ出てくる人たち(とくに若者たち)はマスコミから感化されたのか、やたら東京都心に住みたがりますが、そんな連中の気が知れないね。利便性や賑やかさを手に入れる代わりに、のどかで美しい景色を捨てるなんて、私には狂気の沙汰に思えます。

北海道出身の田舎者のワタクシ。自宅から10分歩けば眼前に広がる野原、森、ネギやキャベツの畑を見て「ああ、生きててよかった」なんて思っちゃいます。まあ頭の中が単純なんでしょうな。

さて、花のピークを過ぎた桜の木のこの感じ。まるで、あの印象派画家の作品ではないか!

sisu01.jpg

下はシスレー御大の絵であります。写真を撮ったときは「そっくりだあ!」と思ったけど、並べるとそうでもない。ははは。

sisu04.jpg

というわけで、ご近所でシスレー的な風景に出会ったハナシは、しりすぼみ的に、以上でお終いっ。ちゃおー。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春のご近所は、猫まつり状態。ニャーーー。 [日常]

2017年3月20日の春分の日。朝・昼・晩と、ご近所を散歩三昧。至福の時間でしたあ。

最近、どういう巡り合わせか、土曜日曜が出張移動だったのでした。春分の日は、久しぶりの完全休日。天気が良い、暖かな散歩日和、最高でしたねえ。

江戸川沿いの景色。目にまぶしい黄色い花たち。関東は春ですねえ。

gokin01.jpg

自宅近所の、じゅん菜池緑地(じゅんさいいけりょくち)。目をひくのは雪柳です。

gokin02.jpg

真っ白な花・花・花の密集っぷり。迫力満点ですね。

gokin03.jpg

こちらは、すずらん。釣鐘状の花が可愛い。ただ、この植物、見かけに似合わず強烈な毒草らしいです。食べてはいけませんぞお・・・って、毒がなくたって食べないよな。

gokin10.jpg

さあて、ご近所散歩の楽しみといえば、なんたって猫との出会い。じゅん菜池を眺め、ボーとしていると、むむ、さっそく、池のほとりで丸くなってる猫ちゃんを発見!可愛いなあ~。

gokin04.jpg

おーい、と呼んでもノーリアクション。無関心を決め込んでいます。プイッとソッポを向く仕草が、ネコっぽくて良いのであります。はい。

gokin05.jpg

池の周りを歩くと、おおっ、日向ぼっこ中で、ゴロゴロしてる猫ちゃん。こいつは人懐っこいんですよ。

gokin06.jpg

頭をなでると、くーーーん、声を出しながら、反り返って私の手に頭をすりつけてきます。可愛い可愛い!

gokin08.jpg

終始、ゴロゴロし、こちらの気持ちもユル~くなってきます。あ、いかん、このまま夕方になってしまうぞ・・・意を決して、猫ちゃんに別れを告げるのでした。

gokin07.jpg

このあと、さらに3匹の猫たちと戯れ、大満足の一日となりました。

gokin00.jpg

以上、2017年、春分の日の散歩でした。いよいよ春がやってきたねえ!と、ありがちなツブヤキ感想で今日はお終いっ。

パカーー(←「じゃあね」のロシア語=「パカー」で締めくくりです)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

富士山の雪景色は、日本人のココロ、ですなあ・・・と、分かったようなことをつぶやく日。 [日常]

突然ですが、富士山、のハナシです。

千葉県市川市に住むワタクシ、週末散歩コースのひとつに、江戸川沿いを北上して川を渡り、葛飾区柴又の帝釈天でお参りし、そこから折り返す往復10km、つうのがあります。

途中、川沿いの土手道を歩きつつ、西へと目をむけるとスカイツリーと富士山を一緒に望める場所があります。

fuji03.jpg

これは2月に撮影したもの。晴天の朝、透き通った空気をとおして、富士山が雪をまとった姿は遠目からみても美しいなあ、と、つくづく思うのであります。

fuji04.jpg

ワタクシ、富士山への思い入れは皆無で、登ったことは一度もありませんけど、この山の造形は見事だなあ~と見るたびに感嘆します。稜線というのでしたっけ、頂上から下へ広がる八の字カーブに、なんとも言えない味があります。

世界遺産に認定された日本の象徴だぞ、今更、何を言っとる、お前は!とお叱りを受けそうですが、素直にそう思うんだからしょうがない。

不思議なのは、富士山って、見る角度でイメージがずいぶん違うということ。

上写真を撮ってから4日後、出張移動の東海道新幹線から撮影した富士山がこれ。静岡県から、つまり、富士山を南側から撮影したものです。

fuji01.jpg

自宅近く(千葉県)から見る富士山とイメージが違うよなあ。静岡県から見た富士山が「本物」っぽく思える。いや、どっちも本物なんだけど。。。

fuji02.jpg

いずれにしても、山全体の雄姿を、どおお~ん、と眺められるのは静岡県ならでは、です。

さて、昨日(3月13日)、関西出張へ向かうさい、いまの富士山を撮影しちゃうぞお!と、新幹線のぞみで気合を入れたのであります。ところが熱海を通過したあたりで睡魔が襲ってきて、気がつくと富士山ウオッチのエリアは、とうに通り過ぎておりました。ガクッ。

まあ、ワタクシの富士山への想いなんて、しょせん、この程度ってことですか。ちゃんちゃん。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感