So-net無料ブログ作成

2018年のGWは、家呑みで地酒を満喫でございます。ぷしゅーー。 [日常]

2018年のゴールデンウイークは、本日(4月6日)で終わりでございます。

既報のとおり、飼い猫もこ(21歳)の体調が悪いため、GW中は、毎日、動物病院に連れていきました。もこは胃腸が弱っており、食事(といっても流動食中心)は小分けにし、3時間ごとに与えます。家の者と交代作業ではありますが、深夜2時、早朝5時に、もこに食事をさせる必要があり、結果的にGWは、家にひきこもる生活でございました。とはいえ、不祥事で自宅謹慎させられたわけではないので、夜はいわゆる「家呑み」でございます。

手間をかけるのが面倒なので、ご近所のスーパーで出来合いの酒のアテを購入します。焼き鳥をメインに、鯵(あじ)とマグロの刺身、かまぼこ・・・と、テーブルに並べるとこんなふうです。おお、いい感じじゃないか!

ienomi01.jpg
この日の日本酒は、ワタクシが愛する山口県の地酒「長陽福娘(ちょうよう ふくむすめ)」であります。

ienomi02.jpg
また別の日。

和歌山県の銘酒「羅生門」を家呑みだぜ、と、四合瓶のラベルにデジカメを向けると、飼い猫もこが、自分も参加したい!とトコトコと近づいてきました。

ienomi03.jpg
うーん、日本酒と猫。妙な組み合わせだ。。。

ienomi04.jpg
小えび佃煮、うにいか和え、ほたて明太子、と、絵に描いたような酒飲みアイテムを並べ、幸せ気分で、ガンガン酒を呑んでしまうワタクシなのであります。ぷしゅーーー。

ienomi05.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ウエスト」さんの博多うどんを、千葉県で堪能する幸せ。ぷしゅーーー。 [日常]

2018年、ゴールデンウィーク。

昨今流行りの働き方改革に反しますが、諸事情があり、休日の自宅でパチリパチリと仕事をしておるワタクシです。内容は「電力系統解析」という、世間一般の方に一生縁がない(であろう)マニアックなもの。ま、スゴイことのように書いたけど、解析そのものは解析用ソフトウエアが瞬時に実施くださるので、ワタクシのシゴトは、いかに正しく初期データ(解析条件)をPCにインプットするかであります。あれ、説明するほどハナシがややこしいね。失礼しました。

さて本題です。GWに「博多うどん」を食べたぞ!という自慢であります。看板ドーン!

west02.jpg
うどんを食いに、九州まで行ったわけではありません。千葉県市川の自宅から、クルマで1時間弱、同じ県内にある「ウエスト、八千代台店」へ出陣したのであります。お店の全景、ドーン!

west01.jpg
お店の所在地を地図上に示します。赤い矢印のところですよ・・・って、オレは店の広報担当かっ。

west00.jpg
と、ハナシが先走ってしまいました。

事情(つう、ほどのもんでもないけど)を説明します。ワタクシ、九州出張のさいに、ほぼ確実に食べるものがあり、それが九州のチェーン店「ウエスト」さんの博多うどんなのです。アゴ(魚の一種)のだしが効いたつゆに、茹ですぎじゃねえの?とツッコミたくなる、くにゃくにゃ麺が良いバランスで、クセになります。今年3月、筑前前原(福岡県)のウエストを訪問した時の、ブログ記事をご参照ください(記事は→ここクリック)。

さて、ウエストというチェーン店。実は関東にも店舗を展開しており、千葉県内のお店のうち2軒は「24時間営業」と判明。そうだよねえ、やっぱりウエストは24時間営業でなくちゃ!と嬉しくなったワタクシ、早朝4時半に自宅を出て、一番近い千葉県「八千代台店」へと向かったのであります。

朝5時半ころにお店に入ると、案の定、お客さんは誰もおりません。へへへ、幸せ独り占め、ってか。

west05.jpg
オーダーしたのは、ワタクシの超定番「海老天うどん」でございます。ドーン!

west03.jpg
いやはや嬉しいですね。店の構え&看板は、九州の店舗と同じ。肝心のうどんは、見た目、味、ゆで加減、海老天の食感さえもが、九州のウエストと同じであって、千葉県にいながらにして気分は、博多っ子純情、どんたくで大暴れ、でございます。もちろん完食だぜ。

west04.jpg
最近は、東京に「博多うどん」を掲げる店が増えつつあります。

たとえば、JR吉祥寺駅の南東側に、博多うどんの赤提灯を出してる酒場があります(あえて店名は書きません)。正直、あそこのうどんはニセモノ、と申し上げたい。店員の態度の悪さも相まって、不満足感しか残らなかった、吉祥寺の某店に比べ、「ウエスト」さんの博多うどんの、なんと潔いことよ。

さあて、来週もまた、ウエスト八千代台店さんへ行っちゃおうかな~。次は「肉うどん」かな~。

west06.jpg

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

毎年のことですが、3月末は、満開の桜に心が浮き立ちますなあ。 [日常]

毎年3月末に同じネタを書いてる気もしますけど、2018年ももちろん書きます。

鉄板ブログネタともいえる「満開の桜」であります。

関東に住んで30年超ですが、出身地は北海道のワタクシ。この時期になるたび感心することは、関東に桜の木がめちゃ多いということ。桜の名所に出かけずとも、電車の窓から、あるいは、ご近所散歩で、満開桜を堪能できるってのはスゴいことだと思います。

さて、ここ数日間に出会った桜の花たちを写真でご紹介します。

東京都葛飾区の水元公園から、池をはさんで対岸の三郷公園(千葉県)の桜並木です。

guho03.jpg
次は、ワタクシの住む千葉県市川市の弘法寺(ぐほうじ)。地元で有名な枝垂れ(しだれ)桜の巨木があり、ほぼ毎年観ていますが、やはり圧巻であります。

guho01.jpg
同じく弘法寺。お墓の脇にある桜です。咲く花に勢いがあるといいましょうか、迫力がスゴイ。

guho02.jpg
次は自宅から徒歩10分。西暦741年(1300年くらい前だ!)に建立された下総国分寺(しもうさこくぶんじ)の尼寺跡の桜です。お寺の建物は現存しておらず、跡地が小さな公園になっています。公園といっても、原っぱで、はじっこにベンチが3つというシンプルかつあっけない感じが好きなのであります。

guho04.jpg
その近くの高校です。「ザ・校門の桜」と命名したい物件。枝ぶりというか全体バランスが、なんとも良いなあ。

guho05.jpg
以上が自宅界隈の桜でして、次は職場(東京都中央区)の近くの桜。

通勤途中、JR東京駅の八重洲側の駅前の通りで撮影しました。外堀通りと鍜治橋通りの交差点。手前が有楽町、奥が東京駅ですね。どデカいビルの足元で、こじんまりと並んで咲く桜たちが、なんとも健気であります。

guho06.jpg
日本人の桜への思い入れがよ~く分かりますけど、無理に、ここに植える必要はないのでは・・・。

guho07.jpg
最後はワタクシが働いている、京橋のビルの桜です。きれいだわあ。

guho08.jpg
満開の桜の手前を曲がると、おや、映画かドラマのロケをやっていました。通行人(私のこと)が撮影の邪魔をしてはいけません。女優さん、誰かいるのかな~なんてキョロキョロしてはいけません。

それにしても朝の7時前ですよ。俳優さん、撮影スタッフの皆さん、お疲れ様でございます。芸能界のヒトタチって、なんとな~くプラプラ遊んで楽しく稼いでいるように思えるけど、われわれサラリーマンよりよっぽど大変だと思う。土日もなく、早朝撮影、深夜撮影も普通ですよね。(過去のロケ遭遇経験から、都心でのロケは、平日より、土日の朝が多いように思える)

撮影に必死で、桜を眺める気にもならんかもしれませんが、どうか頑張ってください~~。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

外環道建設工事の現場チェック。「道の駅 いちかわ」の建設工事が急ピッチで進んでいます。 [日常]

当ブログ2018年1月8日付け記事(→ここをクリック)に書きましたように、ワタクシの住む千葉県市川市では、現在、東京外郭環状道路、通称「外環道」の大工事が進められております。距離15kmほどの道路(高速道&一般道)ですが、これができれば、松戸~市川の一般道の慢性渋滞はかなり解消されるでしょう。

しかし、ワタクシの関心事は道路脇に造られる「道の駅いちかわ」なんであります。自宅から徒歩20分という至近に、そんな愉快な施設が4月オープン、となれば期待も高まりますね。完成すると以下イラスト(予想図)になるというし・・・。ああ、楽しみだわ~とワタクシ、ほぼ週一ペースで現場へ出向き、進捗状況をチェックしております。

michieki05.jpg
さて、1月上旬の時点で、建設予定地はほぼ更地でした。これで4月のオープンに間に合うのか?とシロウト目には不安がつのりましたが、いやはや昨今の建築技術はスゴイ。いったん作り始めると、あっという間に形になっちゃうんですね。

下写真は2月23日に撮影しました。すでにしっかりと建物ができているではないか!

michieki01.jpg
建物の正面側は、駐車場と道路の工事をしているのであまり接近できません。

そこで、建物の背面側へと回り込んでみました。そっちにも道路がありますので。すると、どうでしょう(←TV番組「ビフォー・アフター」の体で)。「道の駅」のメイン建造物はきっちり出来上がっております。あとは内部の電気系や壁パネル等の内装工事・・・という段階でした。

michieki02.jpg
おお、この調子なら、4月(2か月後)の開店は大丈夫だね・・・と納得して帰ろうとした矢先、立て看板に遭遇。そこには、「道の駅のイベント開催」と書かれており、開催日が3月4日(日)だという。

michieki04.jpg
えーっ?

3月4日って1週間後やで。目と鼻の先じゃん。「イベント」の詳細が分かりませんが、近隣界隈の一般人を集める催しならば、建屋の外見だけでなく、内部もそれなりに仕上げないといかんですね。

うーん、あと1週間で大丈夫かあ?・・・と、私が不安になってもしょうがない。責任感の強い日本の工事業者さんなら、必ずやれる!なんとか頑張ってくださいっ!・・・って、まるでヒトゴトですいません。ではでは。。。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4年ぶりに東京の大雪。京成線の車両故障で、会社に向かってから家に引き返した日。 [日常]

2018年1月23日(火)。前日からの雪で、東京23区に20センチ超の雪が積もりました。ワタクシの住む千葉県市川市もすっぽりと雪景色です。

yuki06.jpg
北海道、東北、北陸に比べれば、しょせん、どーってこたあない降雪なんですけどね。雪慣れしてない首都圏のヒトはビックリしちゃうわけです。そして判で押したように交通機関は大混乱。幹線道路は通行止め。電車はほとんどの路線で「一部運休」「遅延」となり今朝の通勤時間帯は大混乱でした。

ワタクシが通勤につかう路線は、京成線→都営浅草線乗り入れ(宝町駅で下車)。で、今回、初体験がありました。30年超のサラリーマン生活で、初めてですよ(自慢にもならんか)。

それは「家を出て会社に向かったのに、にっちもさっちもいかず自宅に帰った」という経験です。

理由は前述の「電車遅延」です。私が乗った電車(車両)が京成線の青砥駅でホームに止まったまま動かくなったのです。原因はブレーキ故障。雪とは関係ありません。停車後10分もすると、後から後から乗客が乗り込み窮屈になり、20分経過で、すし詰め状態。入口付近では芥川龍之介の「蜘蛛の糸」的なモメゴトも。

こうなると大変です。運行が再開しても、先に控える複数の駅(立石、四つ木、八広、曳舟、押上・・・浅草・・・日本橋・・・)に止まるたび、殺気立った大量の人々が押し合いへしあい乗り込んでくるのは必至。これぞ地獄絵図!圧殺されかねない危険展開です。

ところで、駅員さんも大変なのはわかるが、今回、「車内」へのアナウンスがひじょうに悪かった。「安全確認ができ次第、出発します」をただ繰り返すばかり。いっぽう駅ホームに流れるアナウンスは「車両が動くまでには時間がかかりそうなので、別路線も使って」と・・・要するに、言ってるハナシが違う。

同じ事象、同じ立場の乗客に対し、ニュアンスの異なる内容を伝えてはいけませんな。どこぞのオバちゃんが駅員相手に切れ気味の文句を垂れているのも、やむを得ない。

そんなわけで、あきらめのよい(よく言えば、機転がきく)ワタクシは、止まったままの車両から脱出、いったん自宅に帰ったわけです。

その後、ネットで運行状況を確認すると、青砥駅では入場制限(改札内に入れない)がかかって、その後も混乱が続いたよう。ワタクシは別路線で移動しました。ちなみに現時点(23時30分)でさえ遅延が続き、他路線への振り替え輸送が継続らしいっす。乗客は、かなりフィーバーしているだろうな~。

以上が本日の出来事です。朝、「自宅へ戻る途中」に撮ったご近所の雪景色です。きれいです。

yuki03.jpg
太った猫のいるエリア。すっぽり雪で、どこへ行った、猫ちゃん?

yuki04.jpg
当然、道にも雪が積もっております。

yuki01.jpg
関東の湿った重たい雪で、木の枝には樹氷ならぬ、樹雪がどっさり。。。

yuki02.jpg
さて、明日は、電車遅延が解消していることを祈りつつ、本日は以上です!チャオー。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご近所ネコたちのマッタリ生活。ほんと、見飽きないですね~。 [日常]

2018年1月21日の日曜日。ワタクシの住む千葉県市川市は穏やかな晴天で絶好の散歩日和です。洗濯した布団シーツをベランダに干し、敷き布団と掛け布団は手すりにかけて天日干し。一仕事が終わったので、自宅から徒歩30分のネコ集合エリアへ向かって、さあて、散歩の開始であります。

途中、池のちかくで、必死にえさ探しするカモさん軍団に道を譲ります。そう、譲り合いは大切ですナー。

ike01.jpg
さて私が「野良猫コロニー」と勝手に呼んでいる場所に到着しました。「ウォーリーを探せ」じゃないけど、下写真のどこにネコがいるかわかりますか。

ike03.jpg
そう、黄色い矢印をつけた先です。

ike04.jpg
写真の左下に2匹ですね。

ike05.jpg
そして、救助用浮き輪に、さりげなく乗っかる一匹。

ike06.jpg
じーっと私を観察しておりますが、エサはあげないよん。

やがて、階段に座ってボンヤリしているワタクシの周りに、ひとなつこいネコが何匹か集まってきます。やけにニャーニャーと鳴くネコがいる。私を威嚇しているのかな。

ike07.jpg
2匹で縄張り争いか?厳しい表情(かはよくわからんけど)で対峙する両者です。まさに一触即発の危険状況・・・

ike08.jpg
と、思いきや、次の瞬間。ごろごろ頭をくっつけあってます。こりゃあ、どう見ても仲良しじゃないか。

ike09.jpg
ワタクシの存在にお構いなしにイチャイチャと絡みあっております。こらこら・・・。

ike10.jpg
うーん、何らかのワタクシへのアピールだろうか・・・分からんな。ま、いいか。放っておこう。

この場所に来ると、常時10匹くらいのネコがいるんですけど、それぞれ個性があって観ていて飽きないです。仲良しの2匹と思いきや、突然、一方が猫パンチを繰り出し、「??」となることがある。人間よりも、ネコたちのほうが仲間づきあいが複雑なのかもしれないなあ。

本日は以上です!ちゃんちゃん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

後楽園遊園地・・・じゃなく、東京ドームシティの大観覧車でマッタリした日。 [日常]

2018年は始まったばかり、と思っていたら、20日間が経過していたんですねえ。子供のころ、お年玉付き年賀はがきの当選番号発表(1月15日)があると、目の色変えて、一等から6等(?)まで当たりはないか、必死にチェックしてたもんです。50代半ばになった今じゃ、せいぜい切手シート(下2桁)を雑に確認するくらい。あまつさえ当たっていても、郵便局に切手シートを受け取りに行かない。大人は夢がないねえ。

・・・などというマクラは良いとして、1月上旬の数日間。ワタクシは、飯田橋、水道橋、神楽坂、神保町、といった「山手線の真ん中」エリアをぶらぶらしていたわけです。

どどーん!

東京ドームシティ、旧名=後楽園遊園地、でワタクシは大観覧車に乗ったのである。施設HPによると、「ビッグ・オー」というご立派な名前がついております。

big01.jpg
どーゆー流れで、いい歳したオッサン(私)が観覧車に乗ったか、は、自分でもよく覚えていないのですが(ボケ老人かっ!)、第一の理由は、たぶん「天気が良かったから」でしょう。第二の理由は、映画『探偵はBARにいる3』で北川景子さんと大泉洋さんが札幌で観覧車に乗るシーンを観て「お、いいじゃん!」と思ったから。

東京ドームシティの、ビッグ・オー。地上80メートル、直径60メートル、一周15分のアトラクション。公式HPの評価は以下のとおり、「ラブラブ度」が5点満点ですぜえ。ま、ワタクシとしては「ほのぼの度4点」に納得ってところです。

big02.jpg
さっそくですが観覧車に乗って5分後の自撮り写真。この呑気な雰囲気を観よ。

big03.jpg
天気もよく、ほのぼのを満喫・・・と思っていると、スリリングなシーンは「外」にありました。観覧車の周囲にレールがめぐらされたジェットコースター。お客さんを乗せた車両が、落下する前の、スタート地点(頂点)へジリジリ昇っていくわけです。ガラス越しにもお客さんの期待と緊張が伝わってきます。

big04.jpg
てっぺんから、ジェットコースターが突っ走りはじめると、お客さんの「キャーッ」という悲鳴が聞こえる。うへえ、あっち(ジェットコースター)に乗らなくて良かったあ、と胸をなでおろしました。

big05.jpg
反対側の窓から外を眺めると、都心景色の手前に、読売巨人軍のホームグランド、東京ドームの威容が見えます。土地の広さを例えるとき「東京ドーム〇〇個分」という表現をしますが、実物を目の前にしても、ピンときませんナ。

さて、銀色に輝くドームの屋根(空気で膨らんでいる)をよ~くみると、ヘルメットをかぶった作業員の方が数名、立っているではないか。現場の調査中という感じ。これは怖いな~。高所恐怖症だと仕事になりませんな。

big06.jpg
以上、観覧車から外を眺めながら、「他の方たちは大変だわ」とヒトゴト・モードで、まったり過ごした15分間でございました。ちゃんちゃん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

期待に胸がふくらむ、外環道(千葉エリア)の開通と、「道の駅いちかわ」のオープン。 [日常]

今年(2018年)の楽しみゴト、といえば、他力本願的でナンですが、これでしょう。

外環道の千葉区間の開通!そして

道の駅いちかわ、のオープン!

であります。

唐突に千葉県ローカルネタをぶち込まれても、なんのこっちゃ?と、いぶかしく思うでしょう。

まあ、お聞きください。乱暴にハナシをくくると千葉県西部に位置する市川市・松戸市の30年来の悲願、市川南から三郷へとつながる高速道路&一般道が、ついに2018年に開通(予定)なのであります。

押し付けがましく地図を掲載しますね。東京を中心とする巨大なリング状の高速道路。東京外かく環状道路、通称「東京外環道」です。2018年の開通ルートは地図上の赤矢印の箇所。千葉県区間12.1km+東京側3.4kmの計15.5kmです。

外環01.jpg
ワタクシ、道路マニアでもNEXCO職員でもありませんけど、この新道路に期待が高まりワクワクしてるのです。

現在、松戸から海側の幹線道路(京葉道路、湾岸道路)へ抜けるには、片道一車線の一般道(松戸街道→産業道路)を10km近くも走らねばならず、朝晩はトラックが列をなす慢性渋滞。車列がピクリとも動かないことすらあります。

ワタクシが市川の自宅から都心(銀座・品川方面)へ車で向かう場合、その道を6kmほど走ります。途中、江戸川を渡る橋が無いため、脇道へ逃げようがない。渋滞時のイライラたるや・・・うぐぐ。

ということで新たな道路開通で、渋滞がいっきに解消!とはいかずとも、大幅緩和が期待できます。ちなみに有料(高速)道路だけじゃなく、並列に一般道まで作ってるんですね。業務車両(主としてトラック)のほとんどが、新ルートを走ることになるでしょう。うーん、良いことだあ。

さて、現在(2018年1月4日時点)の外環道の工事現場を、散歩ついでにのぞいてみました。車道らしいモノは出来ていますが、まだ完成にはほど遠いな。あと6か月で完成できるか?

michi03.jpg
2011年(7年前)時点では「2015年開通予定」だったのが、土地取得などの問題で紆余曲折。工事延期が続き、やっと2018年の開通までこぎつけた。ご先祖から受け継いだ土地を手放した方たちのためにも、ぜひ予定どおり開通してほしいものです。

さて、ワタクシにとって、道路もさることながら嬉しい話題はコレ。

なんと、ご近所(自宅から徒歩20分)に「道の駅」ができるという。道の駅、というのは、首都圏の方になじみが少ないでしょう。地方にはよく見かけます。幹線一般道の脇に作られる地元密着アンテナショップで、地の野菜や名産品を売るのがポイント。

市川市の外環道の工事現場のひとつ、北台に行くと、お、こんな看板が。「道の駅いちかわ」のオープンは今年(2018年)の4月とな!

michi01.jpg
まさに、ここが建設地なんですね。イラストをみてニヒヒヒ、と笑みがもれるワタクシ。こんな楽しげな施設が自宅から徒歩20分の地に誕生とは・・・。ちなみに地図上で、建設予定地は下図の赤の箇所です(恐ろしくローカルなハナシだな)。

外環03.jpg
建設現場をみて、少々不安なのは、残り4か月間で建物、駐車場がきちんと完成するか?という点。だって、トイレ棟がやっと建ち始めたくらいで、ほとんど更地なんですよ・・・。うーん。

michi02.jpg
東京オリンピックの影響などで建設業界は大忙しのようです。工事の遅れを取り戻すため、現場の方に無理なシゴトをさせて怪我などあったら大変。個人的には4月オープンが無理でも、安全第一で工事を進めていただければよいと思います。

我が家の界隈の、今年一番のワクワクネタ=「道の駅いちかわ」、開業が待ち遠しいなあ~。以上!

michi04.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年、お正月のご近所ネコたち。元気そうで何よりです。可愛いなあ~。 [日常]

2018年1月。年始。関東はかなりの冷え込みから始まっております。

正月三が日、気になるのはご近所のネコたちです。氷点下になろうという夜の寒さに耐えているだろうか・・・と心配になります。そこで日中、散歩ついでにネコたちの溜まり場を訪問しました。ここには10匹ほどのネコが、コロニーを作っております。

まず目についたのは、人懐っこいかっぷくの良いボスねこです。どどーん。

koneko03.jpg
貫録が漂い、気難しそうな顔をしてますけど、性格はいたって穏やか。なでると素直に喜ぶのが可愛いです。

koneko02.jpg
一番の心配は、子供(生後数か月でしょう)の白ネコです。あ、いた!

koneko06.jpg
てくてくと歩いて、決めポーズ。

koneko04.jpg
ちょこん、と座り込む様子も可愛いなあ。

koneko01.jpg
他のネコたちも、どーやら無事に2018年を迎えたようです。安心しました。

koneko07.jpg
朝晩は寒いけど、昼間は日差しがあるので、ネコたちは日向ぼっこし、それなりリラックスしてるんですね。雪がほとんど降らない関東の良いところでしょう。

koneko05.jpg
ご近所ネコの元気な様子をみてホッとしたところで今日はお終いっ!にゃおーーー。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年の初日の出。積極的に観にいったわけではないが、散歩中に遭遇であります。 [日常]

2018年元旦に「初日の出」を見たハナシ、を書きます。

そのテーマを掲げておいてナンですが、とくに初日の出へ思い入れはありません。そもそも年末とか年始に、たいした意味を見い出さないワタクシ。12月31日も1月1日も、しょせん、1年間の「ある1日」に過ぎないと思います。なので初日の出を観るために、わざわざどこかへは行きません。ご来光を観に、富士山へ登る方などホントに凄いと思う。

ちなみに類似理由により、クリスマスにケーキは買いませんし、ハロウィンなぞ何月かも知りません。恵方巻をほおばるイベントなどバカじゃんか?と思う(関係者の方、失礼!)。他人の決めた行事がそれほど好きなら、比率的に仏教のヒトが多い日本、4月8日の花祭り(お釈迦様の誕生日)をもっと大切にしちゃどうでしょうね?そうだ、4月8日には、みたらし団子を食べましょう!

おっと、ハナシが逸れましたね。

元旦の日の出です。早朝散歩で毎日のように遭遇する日の出ですが、まじまじと見たのは、やはり「初日」を意識したためかな。

場所は葛飾区の水元公園(みずもとこうえん)です。朝の気温は1度とそれなり冷え込んでいました。摂氏1度で「寒い」なんて言うと、北海道の方に怒られますから言わないよん。

gantan06.jpg
公園内の中央広場を歩いていると、林の上から太陽が顔を出しました。好天ゆえバッチリ確認できました。ああ、良い風情でありますなあ。

gantan03.jpg
出た!と思ううち、みるみる上昇する太陽さん。ピカーッと光を放つお姿は、いかにも生命の源(みなもと)でございます。多くの方が太陽に手を合わせるのも分かりますなあ。

gantan04.jpg
太陽さんとていつかは寿命が尽き、ドカーンと爆発・霧散しちゃうのでしょうけど、当面は(少なくとも私の生きているうちは)しっかりと輝き続けてほしいっす・・・って、自分さえ良ければいいのかっ!

うーん、それにしても寒い。あ、結局、「寒い」って言っちゃったよ。だって地面や葉に霜が降りてますもんね。お、霜につつまれた葉っぱが美しいです。

gantan02.jpg
感動は薄めですが、2018年の初日の出を拝見、なんとなく、ありがたい気分になったつう報告でした。引き続き、1時間ほど散歩を続けて撤収であります。はい。

gantan05.jpg
さて、まったくどーでも良いハナシですが元旦の夜。自宅で呑んだくれて夜11時過ぎ、眠くなったワタクシ。布団に入ったときに「お、デジタル時計の表示がゾロ目になるぞ」と気づき、撮った写真がこれ。1月1日11時11分11秒。どうだあ、1が8個も並びましたぜえ(自慢)。1月以外だと、お目にかかれないレア画像・・・と悦に入ったけど、考えてみると、11月11日には、1が10個も並ぶのか・・・なんだ、つまらんなあ。

gantan01.jpg
・・・で、だから何なんだよ!と自分にツッコミを入れて今日はお終い。ちゃんちゃん。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感