So-net無料ブログ作成
検索選択
資格・検定 ブログトップ
前の10件 | -

無事合格。メンタルヘルスマネジメント検定 ラインケアコース。 [資格・検定]

帰宅したところ、3月7日に受験した「メンタルヘルス・マネンジメント検定 ラインケアコース」の合格通知が届いておりました。

おお、嬉しい!無事に合格、やったーーであります。何度も書きますが、不合格すると、受験費用がもったいないからなあ。今回の検定試験は、出費をけちって、テキストは使わず、過去問題集だけで勉強したので、試験がやたら難しく感じました。

メンタルヘルスマネジメント1.jpg

それだけに、過去1年間、10個受験のうちで、今回の合格は一番嬉しいです。

メンタルヘルスマネジメント2.jpg

「趣味の受験」の一環で、会社業務には無関係ですが、今回のメンタルヘルスマネジメントは、受けて良かったなあ、と思いました。

この検定はメンタルヘルス、と、ラインケア、の名が示すとおり、働く人たちの「ストレス」「心の病」に対し、管理者がどう対処すべきかがテーマです。

私自身のことで恐縮ですが、先輩の指導が良かったのか、業務が自分に合っていたのか、(あるいは、私がただのバカなのか)、20年以上の会社生活で、悩みらしい悩みは全く感じません。打たれ強いというか、無神経というか・・・・まあ、幸せなサラリーマンなんでしょう。

統計的には仕事や職場の人間関係に悩むサラリーマンは、全体の50%以上、そのうえ、年々、増加傾向だそうです。由々しきことです。日本社会全体のモチベーションに影響しますから、他人事ではないですよね。

今回の受験勉強中に、なるほどと思ったのは、精神的ストレスの影響は「眠れない」とか「体がだるい」という身体反応として最初に現れること。重要ですね。黄色信号を放っておくと、精神的な「適応障害」や「うつ」に発展してしまう・・・・つまり、寝られるうちは大丈夫ってことか!?

業務で追いつめられても爆睡できてしまう、私や、ロック好きのNさんは、まだまだ大丈夫、ということなのか!?

いやいや油断大敵です。自分の精神状態は、意識的に守らねばなりません。ストレスは、上手に発散しなくては。私の場合、映画。音楽。酒。食事・・・あとは、一緒に飲んで楽しい友人。無意味な趣味のなんだかんだ・・・これで精神をリフレッシュして、人生を楽しみたいと思います!

よおし、今日もがっちり寝るぞーーー。


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

危険物取扱者 乙1~6類の免状が到着。 [資格・検定]

4月1日の関東は天気大荒れでした。夜中の12時頃、JR京葉線(東京→蘇我)で帰宅しようとしたら、強風で電車が運転中止・・・東京駅の駅員さんの指示に従い、総武線(秋葉原→千葉)に乗ろうとしたが、ホームにはあふれんばかりの人、人、人・・・乗れやしないっす。

結局、家に着いたのは午前3時・・・うーん、恐るべし、春の強風。

さて、今年2月に神奈川大学で受験した国家資格危険物取扱者の乙2類、3類、5類。

免状が届きました。卒業証書サイズではなく、クレジットカードサイズです(自動車の運転免許と同じく、作業時に携帯するためですね)。

免状には、以前取得した危険物資格もまとめて記載されますので、約1年かけた7種の取得経過がわかり、なかなか感慨深いものがあります。とくに、交付元に東京と神奈川が混じっているのが味わいです。

mennky.jpg

血と汗の結晶、とは到底言えず、いうなれば「試験直前の一夜漬けの成果」だあっ!おいおい!

まあ、これは「趣味受験」なので、今の私にはな~んの役にもたたない資格なんですが、それゆえに純粋な達成感を楽しめるというもの。

話は変わりますが、先般「マイレージ、マイライフ」というアメリカ映画を拝見しました。ジョージ・クルーニーさんが演じる主人公ライアンは、1年に320日が業務出張という生活を送っています。行き先はアメリカ国内あちこちです。結婚に興味がなく、家を持つなど論外という変人で、人が嫌がる出張業務を謳歌するお気楽男。

彼の唯一の趣味は、航空会社のマイルを貯めること。ただし、ためたマイルで旅行に行くとか、何かを買うのではなく、「マイルを貯める」こと自体が趣味という。目標は1000万マイル!過去に6人しか達成できなかった超レア・ステイタスなのです。

私も、この映画の主人公に似ているかもなあ、と思っちゃいました。マイルには興味はありませんが、傍から見て「いったい、何の意味がある?」という、一見、無意味な目標が好きなんですよ~。

そう、趣味や目標は「無意味なほど面白い」のです。映画の主人公ではありませんが、周りは私を「プチ変人」と言っております。そうかなあ?私にいわせりゃ、(多くの)世間の人たちは、あまりにも即物的・合理的に思えるんだけどねえ・・・。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無事合格!危険物取扱者 乙2類、乙3類、乙5類。1日に3資格の受験は酷でしたが・・・。 [資格・検定]

2月21日に横浜で受験した国家資格「危険物取扱者」乙2類、乙3類、乙5類の試験。3月5日、合格発表がネット掲示されました。

3つの資格とも、合格でした!・・・あぁー、よかった。

趣味の受験(=仕事と無関係)なので合否には固執しない、と言うものの、合格しないと受験料がもったいないもんなあ(うわわ、モチベーション低っ!)

これで危険物取扱者 乙種の6資格、すべてを制覇であります。パチパチ・・・・(誰も褒めてくれないので自分で褒める。とほほ)。「甲種」合格者と同じ作業&監督が出来ます。

話は前後しますが、危険物取扱とは消防法でいう危険物(引火物、発火物、爆発物)を扱うための資格です。甲、乙、丙、と3ランクありますが、「甲種」は受験資格(実務経験など)が必要でして、それがない私は地味に「乙種」に挑戦してきたわけです。

乙種は対象物質にあわせ、6つの資格(類)に分かれています。6つは分けすぎじゃん?・・・と、お役所にツッコミたいけど、まあいいや。

第1類「酸化性固体」、 第2類「可燃性固体」、

第3類「自然発火性物質および禁水性物質」、

第4類「引火性液体」、

第5類「自己反応性物質」、 第6類「酸化性液体」

せっかくなら6資格とも取りたいね、と、こつこつ受験してましたが、途中、複数受験が可能と知り2回目(昨年11月)は1日に2資格を受験(乙1類、乙6類)。今回は残り3つ(乙2類、乙3類、乙5類)をいっきにまとめて1日で受験したのです。

ちなみに東京だと同日受験は2資格までですが、神奈川県は太っ腹(!)で、1日に3つ受験もアリなんですよ。えらいぞ!神奈川県!ビバ、横浜六角橋!

さて、今回の受験は今までにないほど「付け焼刃」になってしまいました。

「乙5類」に至っては、試験勉強を始めたのが試験当日の朝(!)。それも、自宅から試験会場までの電車の中で、「ヤマを張って」そこだけ丸暗記・・・いいのか、そんなことで!?不合格だったときは、自分への言い訳のつもりでしたが、悪運恐るべし、張ったヤマがピンポイントでバッチリあたり合格するという驚異の展開でした。

まあ、受験ではありがちなことですね (ありがちか!?)。

こんな私がアドバイスするのも妙ですが、危険物乙種1,2,3,5,6類に挑戦される方には、私は「すべてはテキストで決まる」と申し上げたい。私が使ったテキスト(下写真)は頁数が少なく薄くて読みやすいし、模擬問題がたくさんあってお勧めです、はい。

テキスト1.jpg

イラストが効果的で、試験当日の「付け焼刃」な勉強にうってつけ(?)。

テキスト2.jpg

さて、趣味の受験も佳境(?)に入ってきました。仕事と無関係な資格を見つけるのが難しくなってきましたが・・・・お、忘れてはいけない、明日は「メンタルヘルスケア検定」の試験だった。勉強せねば、って、また付け焼刃か!?

大好きな「化学系」の国家資格で狙うなら「毒劇」こと「毒薬劇薬取扱責任者」かな。テキスト立ち読みしたけど、かなり難しそうでした。

最終兵器(?)に超マニアック・ネタ「火薬類取扱保安責任者」「酸欠・硫化水素危険作業」はどうでしょう?「いったい何をしたいのよ?」というツッコミが聞こえそう。ははは、一生使いそうにない資格だからこそ面白い、「趣味の受験」ここにあり、なんです。

さあ皆様も一緒に、試験を楽しみましょう!


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅱ種)の勉強中です。 [資格・検定]

出張連続&深酒がたたって疲れたのか、今日はグッタリと出かける気もおきず、珍しく家で昼寝してしまいました。たまに家でボンヤリもいいもんですねえ。

夕方、近所に買い物に出かけ、ひき肉、にら、キャベツ、ショウガ、ねぎを購入。餃子を作ります。油少なめ、ショウガ多め、薄味が好きの私、自分で作った餃子の味がちょうどいいのです。

久しぶりに、自宅のオーディオで、クラシックを聴けたのも良かったなあ。iPodと違い、音に立体感があります。イタリア製ソナス・ファベールのスピーカー君、いい音色でモーツアルトの声楽曲を鳴り響かせてくれました。

さて、趣味の「資格・検定受験」のお話です。2009年はこの趣味でおおいに楽しめたので、2010年も継続することに決定しました!

まず、来年2月に、危険物取扱者の残る3種類(乙2、乙3、乙5)を一気に受験します。

来年の3月はこれを受験します。

メンタルヘルス・マネジメント検定(Ⅱ種)ラインケアコースです。

メンタルヘルス.jpg

最近急増する「心の病気」をはじめ、企業が、従業員の精神安定をケアするための基礎知識を身につける・・・・という内容。今月から勉強を始めましたが、労働関係の省庁通達や、病の統計推移、病の兆候や原因など、一般常識で正解できない設問が多く、まじめに勉強しないといかん、と感じた次第です。

検定試験は合格/不合格という「結果」も重要ですが、勉強をきっかけに未知の世界に触れる、のが魅力です。

メンタルヘルスも想像以上に奥が深い。人間は、素質だけでなく、環境によって様々な反応を起こします。頑張ろうとするがゆえに「病んでしまう」、この切ない現実をどうする・・・年間自殺者3万人以上という、高自殺率国の日本、今後、どうなってゆくのだろう・・・・と考えつつ、検定試験の過去問題を解いていくのでした。

心の病に至る「プロセス」の説明が出てくるのですが、最初にあらわれる「身体的な兆候」=体がだるい、疲れが取れない、の黄色信号で手を打つことが大切なのですね。そこを無理して頑張ると、精神的な赤信号レベルになってしまう・・・・

翻って、自分を考えると、私は便利な体に出来てて、身体的「黄色信号」がハッキリしているのです。体のほうから「やってられませんわ」とメッセージを出してくれるのです。それは「歯が浮く」という現象であります。歯全体がぐらぐらする(そうゆう気がするだけかもしれないけど)。

こうなると、それ以上の無理はしません。よほどのことがない限り、1日、仕事を休んで休養します。

数年前、どうしても回避できない仕事を抱え、歯が浮いてからも徹夜作業を続けたら、「帯状疱疹」という免疫低下による病を発症してダウン!歯が浮くメッセージの妥当性(?)が、はからずも証明されました。

皆様も、年末はなにかとお忙しいことでしょうが、休むときに、しっかり休みましょう。そして徹夜するときには、しっかり徹夜しましょう!要は「メリハリ」ってことかしらん?・・・って、そんな簡単にまとめられる話じゃないんですね。

別の資格・検定もチェックし、じっくりと「来年度の受験計画」を立てたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんとか合格?危険物取扱 乙種1類、と、6類の受験結果。 [資格・検定]

11月21日(土)は、趣味の資格、の受験日であります。今回挑戦したネタ・・・じゃなく資格は、危険物取扱者乙種1類6類であります。1日2コマ受験とは我ながら豪気ですな。

※ 1類=酸化性固体。6類=酸化性液体。いずれも消防法上の「アブナイ物質」。

危険物取扱者 乙種資格は、全部で6つ(1~6類)あり、私は全制覇をもくろんでおります。「4類」の資格を取得しているので法規と基礎知識が免除になり、他類の受験時は、各類の「物性・消火」10問のみ受ければ良い (合格ラインは60%以上の正解)。

前回消防設備士5類が、不合格(9月27日)だった反省から同じ轍は踏まぬよう、今回は早めに勉強に着手・・・のつもりが、受験日(11月21日)直前に問題が発生。11月20日に宮崎県出張になったのです。出張自体は良いのですが、3連休前のためでしょう、20日夜の宮崎→羽田便が満席で取れません。つまり宮崎に行くことはできても、東京に戻れない!試験は幡ヶ谷(渋谷区)で、21日朝9:30からですので、20日に帰京しないと受験ができない、おお、ピンチだ!

で、松本清張さんの推理小説よろしく、交通機関の乗り継ぎを綿密に検討して、ついに解決策を発見したのであります!(路線ソフトでは出てきませんぞ)

① 20日、宮崎空港20:05発ANA便で名古屋へ飛ぶ。② 20日は名古屋で宿泊(最終上り新幹線には乗り継げない) ③ 21日(試験日)、早朝、新幹線で移動、名古屋(6:36)→品川(8:13) ③ 品川→新宿→幡ヶ谷(8:55)→徒歩10分、9:05 試験会場に到着(するはず)。

お~、試験集合時間、9:15に間に合うではないか!!イエイーー。

てなわけで、20日の宮崎での打合後、宮崎のホテルを探す同僚を尻目に、私だけは名古屋に向けて飛びました。結果は、松本清張さん・・・じゃなく自分で調べたとおり、翌日の試験開始にバッチリ間に合いましたぜ。お見事!と、自画自賛。

「点と線」!「ゼロの焦点」!「Dの複合」!「砂の器」!・・・・だから、そうじゃなくて。

余計な前置きは以上です。さて、21日の試験ですが。うーーーん、なかなか難しかったですね。

化学物質の名称に馴染みがなく大変ですが、それ以上にアラフィフの私の記憶力減退が一番の難問でしたねえ。

「考えても分からないものは分からない」の座右の銘(?)に従い、70分の試験時間ながら、35分経過時点で会場を出ました。決してなげやりになったわけではありません。午後の結果発表まで2時間半時間があったので足裏マッサージなどで笹塚界隈で時間をつぶし、12:30に会場に戻って合否を確認。嗚呼、ドキドキ・・・

おお、無事に、2つとも合格でした!よかったよかった。ホッ・・・

sasa1.jpg
sasa2.jpg

これで私、めでたく、過酸化カリウム、重クロム酸アンモニウム、次亜塩素酸ナトリウム、硝酸をビン詰めできるようになりました・・・って、一生、そんな場面ねえよ!

通知書には成績(正答率)が記載されており、乙1類は80%でしたので、10問のうち2問を間違えたらしいが、どれか分かりません。乙6類は、90%、間違えた1問は「あれだ!」と分かります。とほほ。

とりあえず、危険物取扱者 乙種6資格のうち、計3つをクリアしたので、残るはあと3つ!来年3月に、2つを取れるか!(同日複数受験は最大2つまで)。

またまた面白くなってきました~~。

ところで、この資格試験のポスターに若手女優戸田恵梨香さん(下写真)が起用されています。美人の戸田さんに「あなたもチャレンジしてください」って言われちゃ~、頑張るしかないでしょう!・・・って、そんな単純なヤツはいませんね。はははは・・・・。

sasa3.jpg

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

悲しき、試験「不合格」のご報告。消防設備士 乙5類です。 [資格・検定]

恥ずかしネタですが、9月27日に受験した国家資格「消防設備士 乙5類」試験、見事に「不合格」でした!うひゃー。

不勉強のなせる当然の結果です。が勉強しても実力でダメだったかも。

不合格通知.jpg

不合格は受験会場ですぐに分かりましたねえ。試験時間は1時間45分ですが、私は開始後、35分で早々に試験会場を退出・・・理由は「分からないものは、いくら考えても分からない」から。いや、ホント、手も足も出ないくらいダメでしたもん。

思い起こせば、なんとな~く、勉強に手がつかず、受験3日前くらいから、「や、やばい・・・」と焦っていたのですが、そうゆう時に限って、普段起きない別件でバタバタ。。。某金融業者のCMではありませんが、何事も「計画的にやりましょうよ!」ってことですね。

ちなみに、消防設備士乙5類って「避難はしご、緩降機」を扱います。

不合格の私が言っても説得力ありませんが、科目では『法令』と、『構造・機能』は難しい。基礎知識はなんとかなるかも・・・

届いた不合格通知(写真の右部分)に、ご丁寧にも、科目ごと正答率が記載されています。トータルで60点以上は取らなくてはいけないのに、単独で60点をクリアしている科目が『基礎知識』だけ、という実にお粗末な結果でしたね。合格にはほど遠かった、といえましょう。

まあ、これを反省材料に、次回の試験、頑張ります~。

「消防設備士」への再挑戦は、しばらくやめておきます。合格する気がしない。それと、今更気づいたのですが、この資格、合格後2年以内に講習を受け、その後、5年ごとに講習を受けないと免許失効という厳しさ。実務で使う方なら良いですが、趣味の受験としては、免許維持のために、そのお金と手間は重たいわけで・・・・

受験するならやっぱり合格を目指そう!という事で、受験数を絞ることにしました。11月は、10日「北海道フードマイスター検定」と、21日「危険物乙1」「危険物乙6」の3つに絞りました(当初予定は、7つ!だった)。

『趣味の受験』、不合格は悔しいけど、反省するのも楽しみのうち(?)。当面はしっかり継続したいと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

趣味の資格取得・・・も、ここまでくると意味不明?? [資格・検定]

「仕事に無関係な資格&検定を受験しよう!」ネタであります。妙な資格ネタを見つけては「ウフ。面白そう。」と喜ぶ最近の私、少々、病的になっているようでございます。

「仕事に使えない資格を取って、どうするよ?」と問われると、答えに窮しますが、純粋に試験を受けること自体が面白いんですね。試験というヤツは「合格のプレッシャー」のない状況で受けると、実に楽しい趣味となります。始めたら止まらない、かっぱえびせん、みたいな?

とにかく、世の中にはマニアックな資格や検定が沢山ありますね。感心しつつ、受験資格に制限が無いと分かると、「どれ、受験してみるか?」という気になりませんか?・・・なりませんね?うは、失礼しました~~。

今年11月に、プライぺート「お受験祭り(仮称)」を開催すべく、受験科目を探索中です。4科目を確定したものの、ネタ的に弱い、というか、面白みに欠けるのが悩み。確定4本とは・・・

11月7日(土) 日本語検定試験

11月8日(日) 漢字検定試験

11月10日(火) 北海道フードマイスター検定試験

11月21日(土) 危険物取扱乙種1類&6類

あと2科目増やしたいのですが、良いネタが見つからない・・・困ったときは語学か?というわけで、英語(TOEIC)を突っ込んだとしても、別言語をもう1本トライする?オランダ語、インドネシア語、ノルウエイ語・・・ピンときません、やはり悩むなあ。。。

話は前後しますが、9月に「消防設備士 乙5類」資格試験を受けます。なぜ、5類、かというと、この資格を取ると、なんと、

緊急避難はしごと、緩降機(かんこうき)の点検ができるのです・・・・って、実は、緩降機って器具、見た事もないのですが。

モノも知らずに、受験申込をした私も、どうかしてますが、遅ればせながら、ネットで調査したところ、「緩降機」というのは以下の器具とのこと。

緩降機.jpg

マンションやホテルで災害があったとき、高所からの避難者が、体にゆわえる「ロープ」です。原理は分かりませんが、降下用ロープが、ゆっくり伸びるようになっていて、安全に着地できる、というわけですね。

緩降機3A.jpgで、緩降機を、実際に使っている様子が左写真・・・おお、写真だけで十分に怖い!

ロープの伸び速度(=人間の降下速度)が、機械的に制限されてても、それ以前に、避難者は、怖くてマンションの手すりを乗り超えられないのではないか!?

ちなみに、左写真の一番下にぶらさがっているサラリーマン(らしき避難者)、全身から力ぬけちゃってるし・・・・ロープが伸びきって宙ぶらりんのHELP ME状態?

しかし、このナイス写真で、消防設備士 乙5類資格取得への意欲が高まりました!地震の頻発する昨今、災害に対する知識と技術は、生き残るために必須であります。緩降機に熟知してやろうじゃないか!(何のこっちゃ)

「おれ、緩降機を点検できるもんね」・・・・なんと、マニアックな自慢セリフでしょう!女性にモテモテになるかも(ありえないな)。

ところで、これまでの受験は、なぜか、前日一夜漬け勉強になっていましたが、今回は、早いうちから勉強しようと心に誓いました。さっそく、本件の参考書をひもといてみると、やはり、丸暗記しなくてはならない「法規」がある・・・・うーん、ざっと見たところ、予想以上に、この資格試験、骨が太そうです。

受験勉強、頑張らねば~。趣味だからこそ(受験料は自腹ですし)、気合いを入れねばなりません!

合格したら(9月ですが)このブログでご報告します。不合格なら、何もなかったことにしちゃう。なんとズルイ。。。


nice!(2)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

危険物取扱者 乙種第4類(乙4) 資格試験であります。 [資格・検定]

「仕事に関係ない資格を取る」と極私的ブームは佳境に入ってまいりました!

今回は「危険物取扱者 乙種4類」通称、「乙4」という国家資格であります。4月に「丙種」を取り(ブログ記事はこちら→クリック)今回はワンランク上の「乙種」に挑戦です。

乙種4類は合格率30~35%程度との事。それなり”狭き門”ではないか!

ここで、危険物取扱者の資格の概要を説明しますと、

化学工場、ガソリンスタンド、貯蔵設備、タンクローリーといった施設で、「火災を引き起こす可能性のある危険物質」を扱う資格です。扱う物品によって、資格は6つに分類されますが、私が受験したのは、最もポピュラーで役に立つ(らしい?)、石油類(ガソリン、灯油、軽油、重油など)を対象にした「4類」の資格であります。

渋谷区幡ケ谷で7月19日に受験。24日(昨日)にネット上で合格発表が出ました。その後、郵送で結果通知が届きました。受験番号は「E1-0555」と5のゾロメ。「マッハGO、GO、GO!」ってかあ~(古ぅ~)。結果は

無事、合格でした。パチパチ。

kike1.jpg

合格したからエラそうに・・と思われると困りますが、この試験を受ける方に、参考に以下書かせていただきます。

危険物取扱者 乙4試験に合格するには勉強はキチンとしなくてはいけないです。全く勉強せず合格できるほど簡単ではありません。ただ、ちょっとした「こつ」があり、私は比較的、楽に勉強&受験できました。

試験問題は選択肢5つから正解をえらぶマークシート方式(記述はなし)。全部で35問です。

法令=15問、物理と化学の基礎=10問、物質の性質と消火=10問で、合格ラインは各科目ごとに60%以上の正解、となっています。

重要事項は「暗記」しなくてはなりません。そこで、何を暗記するか?がポイントだと思いました。60%以上正解必要、ということは、40%は間違っていい、と言えるわけですから。

全問正解を目指し、強引に知識を詰め込もうとして記憶があいまいになるより「優先順位の高そうな(=出題されそうな)」問題を徹底的に覚えれば良い、と思った次第です。過去出題が気になるわけですが、残念ながら、危険物取扱者試験は、問題用紙を持ち帰ることができず「過去問題集」はありません。逆に言えば試験問題を持ち帰らせないこと自体、「出題に強い傾向」があるのでは?と、深読みできるわけですな(無理やり?)。

受験した印象は、それを裏付けるものでした。もともと、危険物取扱者に求められる知識とは何でしょう?マニアックな方程式ではなく、基本的な「実務者としての安全管理」です。実務者/管理者のための試験なのですから。

ゆえに、試される資質(知識)は2つに大別されると思います。

ひとつは危険物で、火災や事故を起こさないこと(あるいは起きても消せること)。

混ぜてはいけない2種類の物質は何か?一緒に運んではいけない(同じ荷台に載せてはいけない)物質は?水溶性で水で消火してはいけない危険物は?など・・・「危険を回避/対処する」知識です。

もうひとつは法令理解。問題書に凝った設問が出ますが、実務で重要なのは「正しい手続きをしなかったり、ルールを守らなかったため、設備運用に支障をきたす」のを防ぐこと。したがって実務に直結する、書類の申請先、資格範囲や有効期限、危険物保管場所の貯蔵量上限や離隔距離・・・こういった知識が重要なんですね。

その観点で、問題を眺めると「優先順位」が見えてくる(と思います)。たしかに点数を取らせない”意地悪設問”もあるけど、たかが数個であり、そんなん、はなっから「捨てればよい」のです。

たとえば、今回の出題ではないのですが「重金属と軽金属の違い」・・・・答えは、比重が4より大きいと「重」金属、4より小さいと「軽」金属ですが豆知識として面白いが、業務(実務)に直結する重要性はなく、つまり「優先順位が低い」わけです。

一方「危険物の仮貯蔵をする際、申請先はどこか?」・・・・答えは、消防長、または消防署長ですが、実業務で、間違って市町村長に申請したりすると時間ロスになりますね。つまり危険物取扱者にとって必須の業務知識=「優先順位が高い」ということです

以上を整理しますとテキストの”重要ポイント”を、さらに優先順位付けし「的を絞って」覚えれば、全部を丸暗記して記憶を薄めるより効率的である。

計画的にこつこつ勉強を重ねて受験に臨む方は、すべてを習得/暗記するのがベストですが、試験間際にバタバタ「一夜漬け」するヒト(私のことですが)にはこうした工夫が有効だなあ、と思う次第です。ちなみに使ったテキストは以下(技術評論社)でありまして、イラスト豊富、内容は整然と分かりやすく素晴らしかったです。このテキストのおかげで合格できたもんなあ、感謝感謝。

kike2.jpg

引き続き「消防設備士5類」「日本語検定」「危険物1類」「危険物6類」・・・・に挑戦の予定です。秋も試験が目白押しすよ~~、ひええええ。

ところで11月試験開催のはずの北海道フードマイスター検定試験日が決まらないのはどうしたことか?札幌商工会議所さん、早く日程を決めてくださいよ!(すご~く取りたい検定ですので)


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

秘書検定3級の合格発表!・・・・HPで確認とは、うーん、ドラスティック。。。 [資格・検定]

6月21日に高田馬場で受験した秘書検定3級の試験

”秘書”の検定だけあって、受験会場は10代、20代のピチピチギャル(死語?)ばかり。オヂサン、年甲斐もなく舞い上がっちゃったぞ・・・という話はどうでもよく、合否速報が出ました。

(受験した日のブログ記事はこちら→ここをクリック

発表といっても、大看板に番号が羅列される「あの風景」ではなく、各自がPCで秘書検定ホームページにアクセスし、受験番号など入力すると、自分の合否結果が分かる、という仕掛け。

情報化社会ゆえ、当然でしょうけど、表示画面があじけないというか、実にドラスティック・・・・合格したなら、桜の花のイラストくらいつけたらどうかしらん??

で、私の結果無事に合格でありました。ホッ。 

秘書検定.jpg

なぞめいた設問に翻弄されましたが、よかったよかった!不合格でもしかたないけど、受験料がもったいないもん・・・(そこかよ!)。

合否速報は点数が表示されないので、なんとも言えませんが、合格ライン、ギリギリだったかもなあ。

ところで、6月21日の秘書検定3級試験、全国で約25000人が受験したのですね。ふーん、そんなに沢山かと感心。ちなみに、合格率は、69.9%だそうです。

いずれにしても、明日からは、秘書としての人生が待ってるぜ・・・な、わけないか。

さ~て、次の資格試験は7月19日です!難しいことが分かっている試験ゆえ、こつこつ勉強しなくては・・・・と思いつつ、参考書は持ち歩いているだけで、なかなか開かない私。

あぎゃーーー。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秘書検定3級の受験はエキサイティングでした~~ [資格・検定]

今年の、私の個人的ブームは「仕事と関係ない、資格・検定への挑戦」です。

前回「危険物取扱い丙種」資格を取得しましたが、勢いそのままに、本日の挑戦は、

秘書検定3級でございます!サラリーマン生活23年目の今、なぜ秘書検定を?・・・と疑問を持ってはいけない。あくなき自分への挑戦なのです!(おおげさ?)

有名な某登山家いわく「なぜ秘書検定を受けるのか?そこに秘書検定があるから」 、すなわち「Because There are there」・・・なんのこっちゃ。。。

hisyo1.jpgやるからには合格を目指さねばなりません。古本屋で買った500円の参考書(せこい・・・)で、昨晩、文字通り「一夜漬け勉強」を敢行した私。ふふふ!ばっちりだぜい!

話があっちこっちへ行って恐縮ですが、秘書検定の受験者の大半は女性だと聞いておりました。男性はもしかして私だけか?と、ちょいドキドキ(ワクワク?)しながら高田馬場の試験会場へ向かったのであります。

あいにく、本日の東京は大雨でした。

遅刻で不戦敗しないよう早めに家を出たところ、受付1時間も前に会場に到着。早すぎだ!しかたなく、時間をつぶすべく、大雨の中、神田川を渡った先の古本屋ブックオフに入ったのです。が、そこに、なんと、ボルヘスの名著「幻獣辞典」、 スェーデンボルグの霊界日記、それに「地球空洞説」のマニアック&ギミック本が並んでいるではないか!感激し、もちろん、すべて購入です。

まさに、早起きは一文の得、試験会場には早めに行くものですね~と、感慨深くなったところで、さて帰るか・・・って、何しに高田馬場まで来たんだよ!

余計なボケはおいといて、秘書検定3級受験に話を戻します。受験生は総勢300人はいたようです。私が試験を受けた教室は60人ほど。ざっと見まわすと、たしかに女性ばっかり・・・・男性は、私を含めたったの3人です。

つまり、受験者の95%が女性なんですねえ。それも、10代か20代のYoung Girlばかり。「女の園」「アマゾネス」にまぎれこんだ不思議体験でした~。

さて、12:10になり、試験開始の合図とともに、問題用紙を開きます。

おりゃあ?1問目からわからないぞ・・・一夜漬けで勉強したのに!やはり、古本屋で参考書を買ったのが失敗だったか?気を取り直し、2問目!「入社してすぐ覚えること」・・・・ん?選択問題なのに、選択肢にしっくりくる回答がないぞ。

ってな具合に、以降も「これが正解だ!」と腑に落ちる選択肢を見いだせないまま、次々にマークシートを塗っていくワタクシであります。(ちなみに、正解はいまだに不明・・・)

では、ここで皆様に問題です(今日の試験問題です)

問題 : ふた付きの茶わんでお茶を出された時、取ったふたはどのように置くのが良いか、以下の中から適当なものを選びなさい。(下図から選ぶ)

hisyo2.jpg

あはは、会社生活22年で、「茶わんのふた」なんて気にしたこともなかったなあ。(1)は違うよなあ・・・だってふたが邪魔だもの。私なら(4)のように置くけど、意外と正解は(2)だったりして?

さて、次の問題です!(これも、今日の試験問題)

問題: 秘書A子は、取引先を招待して行う新製品発表会で、受付を担当することになった。新製品発表会は、はなやかな場であることから、A子は次のように化粧や服飾を考えた。中から不適当と思われるものを一つ選びなさい。

1)洋服は明るい色のスーツが良いのではないか

2)口紅は普段より明るい色にした方がよいのではないか

3)マニキュアは口紅と同系の薄い色のものがよいのではないか

4)髪は接客の邪魔にならないよう、まとめたほうがよいのではないか

5)靴は動きやすいように、かかとの低い履きなれたものがよいのではないか

おお、化粧や服飾ときましたか!うむむ、これは男性受験者には微妙な設問だ!正直、どの選択肢もOKじゃあないの、っていうか「A子さん、あなたのお好きにしてけっこうです!」と言いたくなっちゃうけど・・・それじゃ、試験問題として成立しないぞ!ってことですね。

万事がこの調子。当たり前ですが、どの設問も「女性」の秘書をイメージしているんですよねえ。A子、B子、C子・・・。今後は是非とも男性秘書X夫にまつわる問題も作ってほしい。X夫には新製品発表会に、「スネ毛は剃ったほうがよいか」「鼻ピアスははずしたほうがよいか」「髪型はパンチパーマでよいか」を悩ませてほしいものです。

さて試験の合格発表は7月の中旬。合格ラインは、「理論」の31問(選択問題)を60%以上正解し、「実技」の4問(記述式)を60%以上正解となっています。

正直、今回の受験は、手ごたえ以前の「?」状態で、合否については、なんとも言い難し。ここが「趣味の受験」のお気楽なところで、合格かもしれないし、不合格かもしれないね、てなユルイ気分で発表を楽しみに待つことにいたしましょう。

それよりも、気になる当面のテーマは茶わんのふたですねえ。


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 資格・検定 ブログトップ